« 現状の構図 | トップページ | パラダイムの変化に挑む »

2011年3月29日 (火)

無償の行為

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日の夜、フジテレビで「FNS音楽特別番組・上を向いて歩こう」を放映していた。

 今回の大震災で元気を無くしている日本への、歌でのメッセージ番組。

  いきなり、「坂本冬美」が、坂本九の上を向いて歩こうを熱唱。

 このシーンで、私は一気にこの歌番組に引き込まれていった。

  私が以前の企業で、初めて店長として赴任した地域が、今回の被災地「石巻」。
  
   失敗の連続だった。

  思いだしたくない事も、たくさん経験した。

   そして、いつしか、私の口癖は、「上を向いて、歩こう。」
  
  悔しい時、ストレスがたまった時、口ぐさむ歌が、坂本九の「上を向いて歩こう」。
  この歌を歌うと、不思議に落ち着けた。元気が出た。笑顔が取り戻せた。

  そして今回の災害で、そのお店も 二度と再建は無理だと聞く。

   “あの頃、いっしょに仕事をしたパートさん達に、当時の笑顔が戻るのか?”

  そんな事を考えながら、坂本冬美の「上を向いて歩こう」を聞いていた。

 登場する歌手達が、自分の想いをメッセージにしてから、曲を歌う。
 自らのオリジナル曲もあれば、坂本冬美のように、この場にふさわしい曲をセレ
 クトして、歌う場合もあった。

  歌手も、伴奏者も、コーラス達も、一人一人が、「この一曲」に情熱を注いだ。

 年末の紅白に勝るとも劣らぬ、情熱が伝わってくる。
 紅白の時は、歌唱力がどうの?と言った事も、コメントしたりもしたが、
 今回ばかりは、そんなものを飛び越えた個人の情熱が、言葉を通して伝わった。

  “なぜ、こんなに、想いが伝わるのだろう”

 「無償の行為」、だからだろう。

  基本的には、歌手は、歌を歌って報酬を頂く。
  しかし、今回は、おそらく無報酬。

  彼らなりの、ボランティア。
  ボランティアという言葉尻には、「やってやっている」というニュアンスを感じるの
  で、あまり使いたくないが、無報酬で「歌」を歌うと言う事は、そこに全人格が現
  われるのだろう。

  そこにあるのは、素の本人。
  演技を施された偶像でなく、本人そのものが、そこに存在していた。

 誰にも強要されずに、自らの力で、人を支援しようとする為の行為。

  そんな時に、人は、既定の枠から解き放たれ、本来の力を発揮するのだろう。

 この歌番組に限らず、「無償の行為」は、普段の行為にもたくさんある。
 
  “この仕事は、いくらの価値があるのか?”
  “この給与だから、ここまでしかやらない”

 時として、サラリーマンはそんな理論から、自らの能力に蓋をしてしまう。

  無償でやるという「覚悟」が、ちっぽけな殻を取り払い、
  既成の枠から飛び出して、自らの能力に磨きをかけられるのである。
  
  “この仕事の代償は、後日、自らの能力の高まりとして、頂く”

 そんな気概が、大切なのではないか。

そうして最後に、松任谷由美がコメントを発した。

 「皆さん、こんな時ほど、強くなりましょう。強くなるから、人への慈愛も生まれ、
 強くなるから、人への優しさも生まれる。そうしてこの難局を乗り越え、新しい
 日本を再建していきましょう。」

 そんな趣旨のコメントを残していた。
 
  そんなユーミンに、本当の強さを感じた。

PS
 当ブログへの「リンク」のご案内です。

  「どん太くんのひとりごと」
  http://ameblo.jp/chuonishi/

 能登を元気にするリーダーカンパニーで働いていらっしゃる「どん太くん」
 のブログです。
 私と同じスーパー業態で、店舗運営を主体に仕事をしておられる方です。

 日々更新しておられます。
 ブログからは、仕事に向き合う誠実さと、本音をストレートに爽やかにぶつけて
 おられます。

 お互いに、有益な情報を共有していきたいと思います。
 是非、よろしくお願い致します。




 

|

« 現状の構図 | トップページ | パラダイムの変化に挑む »

生き方」カテゴリの記事

コメント

トラマさん、コメントありがとうございます。
当ブログともども、よろしくお願い致します。

投稿: てっちゃん | 2011年3月29日 (火) 23時55分

おお!どん太くんさんのブログがリンクされてる(嬉)
去年北陸出張に行ったときに
その売場に感動したのを覚えてます。

投稿: トラマ | 2011年3月29日 (火) 08時54分

てつろうさん、コメントありがとうございます。
急遽のテレビ放映による出演依頼の為、都合がつかなかったのか、それともすでに現地で活動しているのか、各人がそれぞれの立場で今回の震災への支援活動をしている場面が報道されているようです。

投稿: てっちゃん | 2011年3月29日 (火) 07時11分

歌を聞くと気分が少し楽になりますね。それにしても東北出身の演歌歌手があまり支援活動に参加していないのが気になるのだが...

投稿: てつろう | 2011年3月29日 (火) 03時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/51238509

この記事へのトラックバック一覧です: 無償の行為:

« 現状の構図 | トップページ | パラダイムの変化に挑む »