« 勝機は虎穴にあり | トップページ | その時 »

2011年3月16日 (水)

義の国

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。
今回の災害のおいて被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。
 当社においても、店舗により甚大な被害を被り、いまだ営業出来ていない
 店舗もございます。
 
 ただ、不幸中の幸いは、人的被害が無かった事。
 これを置いてほかに喜ぶべきことは無いだろう。
 日々、被災地の現状を目のあたりにするにつれ、今回の地震の影響の甚大
 さが日を追って明らかになってくる。
 更には、福島原発の事故も今後重大な局面を迎えるだろう。
 そして、我々の営業店舗でも、日々の計画停電や未入荷商品により「イレギュ
 ラー」な日々が続いている。
 地震発生当時のチラシ商品の未入荷や日々のサービスの中止が相次ぐ。
  しかし、
 お客様は、冷静だった。
 日本という国は、やはり「義の国」にふさわしい正義感に溢れた国民性だ。
  この現状を踏まえ、大きな暴動も起こさず、小さな欠品も指摘せず、冷静に
  買い物をしていかれる。
 普段であれば、特売商品や目玉商品の品切れに対して、厳しい指摘を受ける
 ところであるが、この状況下でそれを指摘される方は、皆無だった。
 更には、ここ数日に関しては、小さな商品クレームの電話も鳴らない。
 急に、クレームのでないような商品化に変わったわけではないが、お客様の
 企業に対する優先順位を考慮されての結果なのだろうと思われる。
  “普段の我々は、このようなお客様に支えられて商売をしていたのか”
 改めて、お店とお客様との関係を認識させられている。
 海外のメディアでも、日本人の国民性は、高く評価されたと聞く。
 この難局を迎え、一丸となろうとする国民性は、日本人にしか備わっていない
 のだろうと思う(そう決めつけるものではないだろうが)。
  だから、日本人は難局に強く、挫折に強く、打たれ強いのだろう。
 このしたたかな日本人。
 この難局を受け止め、近い将来、必ず復活してくれるだろう。
 日々、計画停電等で、本部決定とお客様への調整に明け暮れる中で、
 現場で働く我々が、唯一救われる瞬間が、お客様とのふれあいのひと時だ。
 更には、この難局で、より一層お店が一体となって一つになっていく瞬間。
  “嗚呼、この瞬間、俺は確実に、生きている!”
 そう思えば、何にも屈しないだろう。
 そう思える日々を送っています。


|

« 勝機は虎穴にあり | トップページ | その時 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

おと~まんさん、コメントありがとうございます。
ご無事でなによりです。
直接的な被災地では無いにしろ、店舗への影響は広範囲にわたっていますね。
いろいろな意味で、一生一度の経験です。
こんな時ほど、誰が何と言おうと、我々の使命は「地域貢献」。
昨日、被災に会ったスーパーの店長(石巻の湊鹿妻)が地域の避難場所に指定されたことにより、「我々が逃げるわけにはいかない」と、従業員一同でボランティアにあたっている映像が流れました。
涙が出てきました。

投稿: てっちゃん | 2011年3月16日 (水) 06時02分

てっちゃんさん
御無沙汰しておりました。

私の店舗は震度6強にも関わらず建物被害も少なく
幸いな事にお客様や従業員に怪我も無く済みました。

地震直後からなんとか営業をしていましたが
日が経つにつれて営業出来る時間が少なくなり・・・
本日、本部指示で営業中止が決まりました。

センター在庫が切れ
商品の入荷状況は全く読めず
水道は貯水タンクの分のみ・・・
しまいにはガス欠で出社出来なくなる従業員が続出。

エリアではありませんが
陰には原発に対する今後の事もあるのでしょう。


「開けてくれてありがとう」と言って下さるお客様が殆どでしたが
浜に比べれば一部インフラが止まった程度で済んでいる地域のせいか、
日が経つにつれて要求される事が平常時に戻ってきました。

「早く開けろ」とか「どうせ便乗してボッタくってるんだろ」などの暴言まで・・・


我々販売する側も同じ被災者なんですが
その事を全く感じてない方も居る。

正直、心が折れてしまいました。


今回臨時休業する事によって、現状に危機感を感じてくれると良いのですが・・・


ただ・・・
お年寄りの方が多い地域ですので
閉めている間の事を考えると正直辛いです。

今回の自宅待機の間に気持ちを切り替えて
頑張りたいと思います。


誰が大変?ではなくて
皆が大変なんですよね。

投稿: おと~まん | 2011年3月16日 (水) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/51130966

この記事へのトラックバック一覧です: 義の国:

« 勝機は虎穴にあり | トップページ | その時 »