« ストレンジャー? | トップページ | 石の上にも3年 »

2011年2月14日 (月)

次年度行為計画の季節

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。
いよいよ、2月も半ば。
 当社も、次年度行為計画の季節だ。
 競合各社の店長の話を聞いても、すでに発表し終わったとか、これからだとか
 いろいろと聞こえてくる。
 新年が過ぎ、節分・恵方巻が終わると、いよいよその季節の到来である。
 それでも2月後半には、「バレンタイン」やらその後には「ひな祭り」やら、いろ
 いろとイベントはめじろ押しなのだが、それとはお構いなしに次年度行為計画
 の波が押し寄せてくる。
  トップや経営幹部は、新年当初の何も無い時期に経営方針策定が出来るが、
  2月半ばの現場は、意外と平均日販が高いのである。
 そして、前年度の反省やらも含めると、到底売場に立ってられない程の過密ス
 ケジュールで日々が流れる(流される?)。
  しかし、なぜか私は、この時期が好きだ。
 トップから降りてきた「経営方針」を、どう店舗運営に組み立てようか?。
 どう、定着させようか?。それを利用して、どう部下育成を図ろうか?。
 更には、どう組織強化し、競合と戦うか?、お客様に近づいていこうか?。
  そういう事を想像すると、ワクワクしてくる。
 “そこまでワクワク出来るのならば、昨年計画は全て予定通り実行できたのか”
 そう、問われると、非常に困るのだが、反省をせずに計画を立案するのは
 得意中の得意だからだ。
 
  こういう時に、我々業界の組織人は、意外に前年度の反省を疎かにしてしまう。
 昨年は、そもそも、どんな行為計画を立案したのか?。
 そして、その計画は、何が出来て何が出来なかったのか?。
 その理由は何故で、その反省を踏まえての次年度計画なのか?。
  全て、それに関しては、ノーコメントで進行させてしまう。
 大いなる反省点である。
 計画はするが、何一つ反省をせず、次年度へ向かう。
  “おいおい、それは自分に対して、唾をはいているのかい?”
 その通りです。
  それを承知で本音を語れるのが、ブログだとも思っている。
  そんな自分の弱みを吐露できる場が、この場であるとも思っている。
  そして、その素直な感情を認められるから、次へのステップを確実に歩める。
 しかし思えば、反省をするということは、その事に関心があるからだ。
 関心あるものには、しっかりと反省ができ、関心なきものには、反省も無い。
  要は、やったから反省が生まれるということ。
  やらなかったものには、反省も悔いも無い。
  
 やるとは、本気になって深く踏み込んだということだ。
 だから、深く踏み込んだ部分には、成功失敗も多く、経験としても大いに学ぶ。

  今年は、何に深く踏み込み、失敗も含めて大いに学んだのだろうか?。


|

« ストレンジャー? | トップページ | 石の上にも3年 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/50844700

この記事へのトラックバック一覧です: 次年度行為計画の季節:

« ストレンジャー? | トップページ | 石の上にも3年 »