« 今年の日本シリーズ | トップページ | ヤマ場 »

2010年11月12日 (金)

ラーメン店のライブ感

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、あるラーメン店に入った。

 車で移動中に目に入った「ラーメン店」だったので、とりあえず腹ごしらえと思い
 車を入れたのだが、以外に込んでいた。

  「博多とんこつ」との旗がはためいていた為、美味いかな?とは思ったが、
  店内の混雑と、店員の元気な掛け声から、賑わいが感じられた。

 そこは、最近流行りの「つけ麺」と通常のラーメンを併売するお店だった。
 「いち押し」とマークのついた白スープの博多とんこつの付け汁のつけ麺を注文
 し、目の前のトッピング類を見ると、

  “本場の博多では、こんなトッピングが置いてあるのか?”

 そう思ってしまうほど、ライブ感のあるトッピングが勢ぞろいしていた。

  「生にんにく」、そしてそれを押しつぶす器具。
  更に、「白ごま」も、容器が摩り下ろすタイプで、香ばしさを失わない配慮。
  当然、とんこつには欠かせない「紅生姜」はしっかり置いてある。

  “トッピングも本物志向なんだ”

 世の中全体的に、より本物を求めての競争が激化しているのだ。
 ラーメン店でも、より本物志向。トッピングも質の高い生でライブ感の演出。

  昔ながらの、名門ラーメン店の定番の姿とは、
  小汚い小屋で、小汚い厨房に大きい釜。
  そして、頑固おやじが、長年磨いたラーメンを引き上げる時の手際良さと
  鶏がらやカツオだしからとった、透明のあっさりスープにラーメンを注いで
  トッピングは、ねぎにめんまになるとが一枚。

  あくまでも「麺」と「スープ」に味を追求するタイプが、「名店」だった。

 しかし、現在は、「麺」や「スープ」以外の演出にも力を入れるショップが出現
 してきた。そこでは、麺、スープ、トッピング、そして、お店の独自性。

  名店ほど、愛想の無い頑固おやじというイメージだが、
  若いお兄さんが、4~5人で、威勢の良い掛け声と挨拶、女性店員もその
  元気と威勢に交じって、実に気持ちが良い。

  その場にいて、居心地が良い、そんな場だった。

 “こんなお店が、繁盛していくんだなぁ~”

  答えはわかっている。
  しかし、それを実現できない。

 なぜか?。

  それは、実現する気が無いからだ。
  本気になれば、それを実現する為の「プログラム」の点を打つ。
  一つや二つでは無い。
  いくつもの点を、どんどん打って、「面」を作る。

 そんな、本気度が出てこない。
 それが、一番の要因だろう。

  本気になる。
  人間、やたら目ったら、本気になれるものではない。
  
  しかし、一つぐらいは本気になることは出来る。
  その一つを、一番避けてきたことにむける「勇気」を持つかどうかだ。
  その「勇気」が、その一の人生を左右するのだと思う。

 一ラーメン店の接客を見て、そんな思惑が頭を巡っていた。



|

« 今年の日本シリーズ | トップページ | ヤマ場 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

yukiさん、コメントありがとうございます。
「強い意志」。
それは、店長だろうが社員だろうがパートさんだろうが、条件は同じ。
パートさん一人一人が強い意志を入れた発注と売場造りが出来たなら、最強の店舗が出来上がると思います。
理想ですね。

投稿: てっちゃん | 2010年11月12日 (金) 07時22分

おはようございます。
”本物志向”
スーパーも同じですね。
私は現場(売場)の人間ではないので、他店を見学する時は、販売方法や接客といった実務レベルのことよりも、「どれだけ心ときめく商品がそこにあるか」で、その店(企業)の良し悪しを判断してしまうクセがあります。それも、ただそこにあるというだけでは何も感じることがないものです。その商品をお客様に知って貰いたいという強い意志を感じた時に、私は迷わずその商品をカゴに入れているような気がします。てっちゃん店長が事あるごとに仰っているように、何事も”強い意志”がそこになければ、形だけで終わってしまうものですよね。

投稿: yuki | 2010年11月12日 (金) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/49968738

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン店のライブ感:

« 今年の日本シリーズ | トップページ | ヤマ場 »