« 発表会から | トップページ | 部下へのアプローチ »

2010年10月 4日 (月)

田沼エリアMR

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


田沼エリアに新規開店した「B社」。

 この狭い商圏には、隣には「Y社」や近隣に「T社」等の競合店も存在する。
 その至近距離に出店した「B社」の開店一カ月後の状況をMRした。

まずは「B社」。

 ここ一カ月の中で出店したと思われる。

 価格を前面に打ち出した企業かと思いきや、そうでも無く、スーパーマーケット
 のど真ん中を行く店舗運営をしていた。

 青果から入る、平台展開や定番展開などは、単品を無造作に売り込むのでは
 なく、しっかり味や食べ方・用途を提案した中で、鮮度を守り価格を守り、商売
 をしていた。

 開店から日は経っているだろうが、未だに生鮮のプロパーはきっちり守られて
 いた。特に青果のプロパーはよく作られており、安心して買い物で出来る環境
 が出来ている。

 このエリアで、駐車場も広く、店内も清潔で広く買物しやすい環境が整えば、
 以外に集客力があり、夕方の賑わいもそこそこ出てきたようだ。

次に「Y社」。

 上述の「B社」から、斜め向かいの極至近距離に立地する。
 
 以前から、基本レベルは高くは無かったが、この立地に競合店が出現し、
 品揃え、鮮度、清掃レベルは上がったようだ。

 しかし、お客様はいない。
 今までのツケがまわったのか、それとも至近距離での競合出店が響いたのか、
 店内にお客様はほとんどいない状態。

 相当、影響はあるだろう。
 あるいは、撤退を余儀なくされるかも知れない。

 この「Y社」が、今後、この状況を踏まえ、どう攻勢をかけるかで、今後の「Y社」
 のこのエリアにおける位置づけが決まるだろう。

最後は、「T社」。

 歴史の古い店舗であり、駐車場等も出入りしずらく、使い勝手は良い方では無
 いが、店内は意外に広く感じる店舗だ。

 夕方6時頃のMRだったが、以外に込んでいた。
 
 売場もしっかり作っている。

 この企業の最大の特徴は、店舗格差が少ないこと。
 企業の徹底力の差か、仕組み力の差か。

 特に青果の夕方までのメンテナンスは立派だ。
 
  “本当に、売れているのか?”

 と疑ってしまうほど、乱れていない。
 仕組みとして、売場優先で全てが構築されているのだろう。

この田沼という狭商圏に出店した「B社」。

 今後、北関東へどのような出店を展開していくのか。
 今後とも、目が離せない。

PS
 田沼エリアのMR写真を載せました。どうぞ。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/tanumamr/




|

« 発表会から | トップページ | 部下へのアプローチ »

競合店」カテゴリの記事

コメント

momoさん、コメントありがとうございます。
つたないブログを楽しみにして頂いて、本当にありがとうございます。
競合によって、店舗も人も磨かれるもの。
駆け出しの頃に厳しい思いをするから、その後の店長としてのスタンスが決まると思います。
是非、めげずに立ち向かっていってください。
今後とも、よろしくお願い致します。

投稿: てっちゃん | 2010年10月 6日 (水) 09時30分

初めまして、前からてっちゃんさんのブログを楽しみに見ていました。
今回のMRにもあったB社の群馬高崎エリアで店長をしている者です。
まだ店長になって3年ほどしか経っていないため駆け出しです。てっちゃんさんのブログを見て勉強になること多い毎日です。
高崎エリアも競合多く、大変な日々ですがこの商売が好きなので、これからもてっちゃんさんのブログで少しでも吸収できればと思っています。よろしくお願いします

投稿: momo | 2010年10月 6日 (水) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田沼エリアMR:

« 発表会から | トップページ | 部下へのアプローチ »