« 足利エリアMR⑤ | トップページ | 為せば、成る »

2010年9月21日 (火)

伝説の売場Ⅱ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、ある人から言われた。

 「てっちゃん “伝説の売場”が、いつから“幻の売場”に変わったのですか?。」

 以前ブログで、「幻の売場」を記した。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-2671.html

 彼が言うには、以前は、私がこの売場を「伝説の売場」と呼んでいたそうだ。

  “そう言われれば、そうだったかなぁ~”

 そういう記憶力に関しては、私は弱い。
 
  “そう言われれば、確かに「伝説」と呼んでいたような気もする”

 私は、そう言った彼に聞いてみた。

  「どっちが、良いだろう?。」

   「“伝説の売場”に決まっているじゃないですか。幻では消えちゃいますよ。」

  なるほど、そうか。
  伝説は、しっかり受け継がれていくが、幻は消えてなくなる。
  いままで、しっかり売場を育ててきた中で、数限りなく伝説を生んできた売場だ。
  
  “やっぱり、伝説の売場で、いこう”

 そう、改めた。
 そして、その訂正だけだったら、今日のブログはこれで終わりだが、続きがある。

  “伝説の売場”を、もう一つ二つ増やしていこう、と思っている。

 そんな簡単に、増やせるのか?。
 「増やす」、と言うより、「育てて」いこうと思っている。

 その候補に、二つの場所を選定した。

  いずれも、“えっ、こんな場所?”

 そう思えてしまう場所なのだが、私は以前から「目」をつけていた場所だ。

  そして、第一候補の場所に、「丹波黒豆」をダイナミックに100ケース展開。

 以前から“手応え”を感じていた私は、十分売り切れると判断して積み込んだ。
 更にもう一つは、チーフから提案を受けて場所だ。

  「店長、この場所で私なりのチャレンジをした商品が、結構売れています。」

 ならば、上記二つの場所を、「第二伝説」と「第三伝説」と命名しよう。

  コンセプトは、「伝説の売場」と同じ。

 残り物の残処理では無く、しっかりコンセプトを持って、お客様の用途価値を
 大切にして、商品価値をしっかり伝えられる商品を自信を持って展開する場所。

 更に、中途半端に売り込むのではなく、100ケースを一つの目安に単品量販で
 きる場所として、伝説化していくスペースとして、育てていこうと考えている。

  伝説の売場、第二伝説、第三伝説。

 全ては、グロサリーの売場。
 そして、挑戦を重ね、店舗として伝説化させていく。
 
  いま、私の頭には、店舗レイアウトでは、伝説化がグルグル巡っている。

|

« 足利エリアMR⑤ | トップページ | 為せば、成る »

商売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/49443023

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の売場Ⅱ:

« 足利エリアMR⑤ | トップページ | 為せば、成る »