« 組織力とは | トップページ | 山形の暴れん坊 »

2010年9月 4日 (土)

売場を育てる

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


人を育てる。

 企業として、人づくりは永遠の課題であるが。
 しかし、私は、人は自ら育つものだと思っている。
 それは、以前のブログでも何度か記した。

 ひとつひとつの仕事のノウハウは、マニュアル等に記してある。
 しかし、一番大切なハートは、自ら学ぶしかない。

  上司は、その環境造りときっかけを、どう、「場」造りをしていくかにかかってい
  る。

ならば、売場を育てる、とはどういうい事か?。

 売場は、自ら育つものではない。
 これは、人が意図的に育てるものだ。

 定番の定位置管理された売場は、もともとのレイアウトが固定化されている為、
 定位置を維持していく事で、お客様の買物動機を裏切らない事が、店舗として
 の育て方である。

 しかし、この定番売場とて、変化を付け、日々のお買い得品を展開するスペース
 を配置し継続していけば、そこが磁石となり、お客様を引き付ける場となれば、
 そこも店舗とお客様が共に育てていく場として、成長していく。

 更に、定番の売場から離れた「企画コーナー」や「特設コーナー」ともなると、そこ
 での展開しだいで、いかようにでも成長し進化し育っていくものである。

  いわゆる、「計算できる売場」として、定着してくる。

 今日は、ここでいくら売るのか?。
 週末は、ここでいくら売るのか?。
 ここでこの単品をいくら売るのか?。

  「いくつ売れる」レベルから、「いくつ売る」レベルへ、そして「いくつに挑戦」へ。

 人の、その意志の変化が、売場を育て、お客様の共感を呼び、結果を残す。
 店長が一つの売場を育てるレベルから、部門別毎に売場を育てれば、それだ
 けお店が成長する。

  更に、全従業員が一つの売場を育てれば、店舗は最強になる。

 以前のブログで、「商品を育てる」を記した。
 商品とは、本部商品部が品揃えを決定した(それ以前にメーカーが開発)した
 商品であり、育てると言う事は、これらのラインでの共同作業となる。

  しかし、売場を育てると言う事は、これは店舗で推進していくしかない。

 こればかりは本部で手助けできることではない。
 店舗が、どういう思想を持って、どの売場を、どう育てるか。

  考え方を持つか、持たないかで、大きな明暗が分かれる部分である。




|

« 組織力とは | トップページ | 山形の暴れん坊 »

商売」カテゴリの記事

コメント

ふるたさん、コメントありがとうございます。
本当に体調管理が難しい気候になってしましましたね。
この時期は、すこし気温が下がり一番過ごしやすい夜になってくるのですが、相変わらず寝苦しい日々です。
最近すこし鼻風邪ぎみです。冷房のアダがまわってきたようです。気をつけねば。

投稿: てっちゃん | 2010年9月 4日 (土) 21時59分

いつもありがとうございます。
日々、売り込み品が変わると言う事は、毎日売り切って、翌日新しい商品が売り込み品として入荷すると言う事。
この鮮度とこの価格が、お客様を引き寄せるのでしょう。
商売の基本中の基本とはいえ、なかなか出来ることではない。是非、継続してください。
そして、その継続が、人を成長させ、売場を成長させていくのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2010年9月 4日 (土) 21時54分

おはようございます。
どのブログ記事を拝見しても、ほんとに志が高いって感じています。
当社の店長には、感じられない熱気と熱い気持ちが、伝わってきます。
毎日、楽しくブログを読んていますので、まだまだ、暑い中、体調管理に気をつけて頑張ってくださいね。

投稿: ふるた | 2010年9月 4日 (土) 10時37分

単品特化のうちの売場は、その日の単品売上のトップ商品を自分で決められます。あの日のあのぶどうは、ありがたくその日のトップを飾り、次の日に仕掛けた違うブドウも、次の日の単品売上のトップを飾りました。野菜の方も、仕掛けた商品が、前日の約10倍売れ、予定通り、切り込みに成功しております。更に、その商品達は、広告品ではなく、インプロで自分が企画した商品。つまり、無駄な安売りで作る売り上げではないのです。恵まれた客数に合わせた切り込んだ売り場は、なかなか手応えがあり、楽しいです。毎日来て頂いている、大切なお客様の晩ご飯のメニューは僕が決めるつもりで、メニュー提案と共に商品を変え、さらなる進化をさせられるよう、日々努力しちゃいます。そのために、てっちゃん店長様に勉強させて頂く事もあると思いますので、今後もよろしくお願い致します。
いつもありがとうございます。

投稿: いつもありがとうございます。 | 2010年9月 4日 (土) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/49312317

この記事へのトラックバック一覧です: 売場を育てる:

« 組織力とは | トップページ | 山形の暴れん坊 »