« 山形の暴れん坊 | トップページ | 鮮魚の構造的課題 »

2010年9月 6日 (月)

黒磯エリアMRⅵ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


黒磯エリアの「MD社」が改装オープンした。

 街中立地を利用して、生鮮のテナント群が元気で、更に価格破壊業態の
 「MD社」とのマッチィングで高い集客力を誇り、周囲への影響を与えてきた
 企業だが、開店1年で早くも業績不振(生鮮以外)に陥り、業績が悪いと、早々
 に「改装」に手を伸ばし、なんとか目先を変えて業績回復を図ろうとする手法
 らしい。

 5日間の休日を取り、生鮮以外の改装がメインで売場変更を実施し、目先を
 変えた。

  そして、私の第一印象は、

   “以前より、パワーダウンしたなぁ~”

  改装前の強烈な価格訴求感は少なくなり、食品エンドは普通のスーパーの
  ように、提案型のエンドとなり、見え見えの粗利ミックスを図ろうとする意図
  が見え見えだ。

  しかし、お客様は我々販売側よりも見えているようで、本当に安い商材だけ
  の買い回りに終始していた。

   “改装の本当の理由は何なのか?”

  そう思ってしまうほど、この休日というコストを使っての効果が見えない。
  見えるのは、売場をすっきりさせ、通路幅を取り、棚割とエンドを明確に
  区分けしたことぐらいだ。

  それは、わざわざ5日間も営業を休んで行う事でも無い。
  それ以前に、デイリー商品の品切れ対策を早急に施さないと、店舗への
  お客様の不信感は絶体に無くならない。

  特売商品だけのお店、その特売商品もあわよくば買えるレベルでは話に
  ならない。

 そして、生鮮もすっきりと通路幅を取り、異動しやすい幅を確保したが、かって
 の安さ感や豊富感は消えた。

  唯一度肝を抜かれたのは、入口付近で展開されていた果実の「藤稔」が
  398円で販売されていた事だ。
  多少枝枯れはあるものの、大粒の美味しそうな藤稔が398円とは。
  思わず、選別してその中でも一番大粒のものを購入してしまった
  青果は日別の量販品を日替わりで打ち出し続けているようで、この繰り返し
  でリピーター獲得を狙っているようだ。

  しかし、以前のMRで最強の精肉売場と思っていた「精肉」のテナントはトーン
  ダウンしたようだ。焼肉商材の品揃えが落ちて賑わい感が薄れたようだ。

   “今回の改装は、ズバリ『利益改善』か”

  そんな裏側が見えてきた。

そして、隣の「D社」。

 昨年のこの時期に、同様にMRした時に、「D社」のぶどう売場では、しっかり
 した良品の藤稔を最大のスペースで量販していたのを思い出す。

 しかし、今このぶどう売場には、意志が伝わってこない。
 
  “今、何を売りたいのか?。将来へ向けてどうしたいのか?”

 全ては、青果売場に表れていたと思われる。

最後に「Y社」。

 このエリアに出店して、地域のお客様の信頼は厚い。
 そして、この日はこの企業の一番量販する日でもあり、店内のどの売場も
 スキの無い売場造りを披露していた。

  “ここぞ、の売場造りは、相変わらず流石だなぁ~”

 入口の青果に圧倒される。
 担当者の妥協しない姿勢が伝わる「果実」「野菜」の商品群。
 特に、柱周りを有効に演出した陳列技術は参考になる。

 鮮魚も、以前の売場から進化し、魅せる売場と売る売場がバランス良く混在
 されており、買物が楽しくなるSKU作りと陳列技術、展開技術にスキが無い。

 精肉もステーキ割引に対応しての平台の展開。
 
  “この日のこの企業は、気合の入り方が違う”

 大型店の改装に伴い、戦う姿勢を打ち出す企業、諦めた企業が明暗を分けた。

PS
 黒磯エリアのMR写真を載せました。どうぞ。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/kuroisomrroku/



|

« 山形の暴れん坊 | トップページ | 鮮魚の構造的課題 »

競合店」カテゴリの記事

コメント

Dの彼さん、コメントありがとうございます。
“戦う姿勢を持つ企業こそが支持されていく”
まったくその通り。
常に新たな挑戦を続けてください。
「イチジク」。
ワンデイ管理の難しい商品だが、だからどこもやりたがらない。
このイチジクを量販してみる。そうすると地域のイチジクファンが集中する。
それが商売の醍醐味ですよ。
イチジクへの挑戦を聞かせてください。

投稿: てっちゃん | 2010年9月 6日 (月) 19時06分

いつも勉強させて頂いております。


MD社は、宇都宮のほうと黒磯の店舗に最近行きました。どちらも粗利ミックスを意識した商品展開だとは思いましたが、個人的には宇都宮のほうがより意識して粗利の高い商品に思いを込めて販売しているなと感じました。


現状に安心することなく、常に戦う姿勢を持つ企業こそが支持されていくのだと思います。私も課題だらけですが、積極的に戦っていきたいと思います。今は、イチジクを仕掛け始めましたよ。

投稿: Dの彼 | 2010年9月 6日 (月) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒磯エリアMRⅵ:

« 山形の暴れん坊 | トップページ | 鮮魚の構造的課題 »