« 岩槻エリアMR | トップページ | チェーンストアの個店経営Ⅰ »

2010年8月24日 (火)

お客様は誰か?

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日は、岩槻エリアMRを記した。

 そして、このエリアで負け組に落ちてしまったのが、「Y社」。
 企業としては、勝ち組とされ、惣菜を核に価値提案をベースに価格に振られず
 しっかり「食」を提案している企業である。

  しかし、このエリアでは、競合出店に逢い、一番ダメージを受けている状態。

 何故、この地域で勝てないのか?。

  環境の変化に対して、対応していないからだ。

 出店時は、企業の最先端のノウハウと人材を以って出店したが、開店数年が
 経過し、いつしか既存店に転換し、利益を追求される立場に変化した。

 しかし、周囲の環境は常に変化していくもの。
 地域で最先端の立地と品揃え、そして提案をしていた店舗だが、
 お客様は常に新たなものへ関心を移していく。

 そこから、既存店としての本当の真価が問われていくのである。

  相変わらず、本部提案を忠実に守り、チェーンストアに徹するのか、
  新たな環境に対応し、状況に合わせた個店経営に切り替えるのか。

  そのお店の“お客様”は、いったい誰なのか?。 

 この問いを、店舗経営者が追求する姿勢で、全てが決まる。

  と、口で言うのは、簡単だ。

 しかし、実行しようとすると、いろいろな課題が目の前に立ちはだかる。

  ズレた事を実行しようとする場合の、「承認」の問題。
  実行した後の結果に関して問われる「責任」の問題。
  そのような周辺のへの配慮を呑込む「覚悟」の問題。

 一歩間違えば、会社という「神」に対して、クーデターを起こす事にもなる。
 それを呑み込んででも、実行しようとする「覚悟」を持たなければ、事は進まない。
 
  まず、そこでほとんどの店長は、二の足を踏む。

 しかし上部は、「挑戦」せよ、と軽く言う。

  それは、「挑戦」する事により、100%成功することを前提として言う言葉と、
  「挑戦」することにより、10回失敗して、1回成功する確率しか見えない行動。

 サラリーマンとして、キャリアを積めば積むほど、「挑戦」など出来なくなる。

  家族を背負い、自らを背負った男ほど、石橋を叩いても渡らない。

 何故か?。

  当然の事だ。
  この時代、誰が次の面倒を見てくれるのか?。
  だから、「挑戦」などという本当に軽々しい言葉になどに躍らせれてはいけない。

 それが、サラリーマンの、深層の本音だ。

  しかし、この閉塞感の中、それでも尚且つ「挑戦」し続ける人々によってしか、
  道は開かれない。

  二極化とは、こんな場面でも、両極端に分かれていくのかも知れない。




|

« 岩槻エリアMR | トップページ | チェーンストアの個店経営Ⅰ »

商売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/49177480

この記事へのトラックバック一覧です: お客様は誰か?:

« 岩槻エリアMR | トップページ | チェーンストアの個店経営Ⅰ »