« チェーンストアの個店経営Ⅱ | トップページ | 丸魚の陳列 »

2010年8月27日 (金)

“器”を用意するⅡ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


部門に入って、まずはじめにすることは、「器を用意する」事からはじめる。

 以前のブログにも「器を用意する」を記した。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-b929.html

 器とは、そこに商品を陳列するという段階以前の、売場トータルの事。
 売場とは、器があって、商品が陳列されて、媒体がついて、お客様に提案される。

  「器を用意する」と言っても、大きなレイアウトを変えることはできない。
  店舗で出来ることは、陳列台帳を作成したり、棚板を変更して磁石をつくったり、
  上げ底等を利用して、商品陳列時にボリューム感を出させたりすることだ。

  私が「器を用意」する時に、一番大切にしているのは、

   “ここでお客様を何人留めるか” と言う事。

  通常は、売場の棚板は、同じ高さや角度で一定の流れをもって設置されている。
  
  それを、棚板を変化させて、商品陳列された時に、お客様が磁石のように、
  吸いついてくれるようは売場をイメージして、器を変えていく。

  要は、商品が陳列されていなくても、磁石として吸引力があるかどうか、だ。
  ここが、大切なポイントだ。

  そして、当然その磁石の売場には、コンセプトが注入される。

   “単品を量販する場所” というコンセプトが確立される。

  その場所では、日々変化があり、提案があり、量販が図られる。
  そのような「器」と「商品」が連動して、継続されてはじめて
  お客様が、この売場を見る目が変わっていく。

   “毎日、この場所だけは、通らないと気が済まない”

  そんな場所を確立していく為に、「器を用意」するのだ。

   “商品さえしっかり変化させ、提案していけば、そうなるだろう”

  その通りだ。

  しかし、部門の人間も私も、何かのきっかけを利用したいとも思っている。
  それが、展開場所の雰囲気が変わり、商品が変わり、目に留まるようになる
  という一連の流れが、即座にお客様に伝わるのである。

 それは、今回入り込んでいる、「鮮魚」でも同様に行った。
 それを、事後報告でバイヤーに言ったら、
  
  「てっちゃん、それはあらかじめ報告してください。駄目だと言っているのでは
  無く、我々も店別の台帳を作成しているのですから。」 
  私の、悪い癖だ。 

 これは、お盆の途中期間から、鮮魚の展開に関して少しばかり、チーフと相談
 しながら器を変えてきた経緯があったので、その連続で売場の器を変えてみた。

  そして、コンセプトを持った売場に商品が陳列されると、それは必ずお客さま
  に伝わるものだ。お客様に伝わる、とは動きが出てくると言う事。

 我々は、よく「人材を育てる」という言葉を使う。

  店舗のマーチャンダイジングを遂行する店長にとって、育てるのは人ばかり
  では無い。

  売場であったり、商品であったりを育てていくのも、店舗のマーチャンダイザー
  としての、店長の大切な仕事であると考えている。



|

« チェーンストアの個店経営Ⅱ | トップページ | 丸魚の陳列 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
通りすがりさんのおっしゃる通り。
我々小売業に従事する者の成長とは、小売を通して鍛えられ成長していく。
更に、それを部下に支援しながら更に自らの成長を遂げる。
「どうすれば、売れるのか?」
いかにも単純なこの命題が、とても大切なキーワードなんですね。

投稿: てっちゃん | 2010年8月28日 (土) 07時40分

てっちゃん先生、お仕事お疲れ様です!

売場の括りごとに、コンセプト、MDがあるとこは、大切だと思います。そして、そこで毎日どんなメニュー提案が出来るのか?考えることで人が、売場が、商品が成長していく。と思います。人が成長する速度を速める手助けをするのが私たち部門チーフであり、それをサポートしてくれるのが店長の役目かなと、生意気にも思うわけです。人を成長させるために自分が成長する。また、逆もありえるわけです!!

結構、話聞いていると、素人目ながらとんでもない発想を持っている若手もいます。私もそんな奴らの意見を得て成長していくと思います。

投稿: 通りすがり | 2010年8月27日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/49254477

この記事へのトラックバック一覧です: “器”を用意するⅡ:

« チェーンストアの個店経営Ⅱ | トップページ | 丸魚の陳列 »