« 挑戦、その二 | トップページ | 50過ぎの開放感 »

2010年7月17日 (土)

「挑戦」の後に、失敗は付いて回らない

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


最近いろいろな部門・商品で挑戦を重ねているが、良く言われる事がある。

 「あれだけ派手に単品量販して、ロスとか失敗はしないの?。」

  ご期待に添えなくて申し訳無いが、失敗は一度も無い。

  “本当かぁ~?、嘘ついてんじゃぁ~ないのぉ~!”

 本当です。失敗は一度も無い。

  “それじゃぁ~、何を以って、失敗というのか?”

 私は、問いたい。

  計画数量の残。商品異動。更には半額等での売り切り。大量廃棄等。
  それらは、一切無い。

  計画した商品は、全て、月曜日にはほぼ消化している。

  いままで、「ポテトスィート」「バジル&レモンカップ麺」「揖保の糸」等の食品群や
  「アメリカンチェリー」「南高梅」「さくらんぼ」「桃」等の果実等の生鮮食品群。

   計画数量的には、どうだったのか?。

  大いなる挑戦だった。
  最近挑戦している「果実」は、全て売り切れるかどうか、不安だったのは確か
  だ。
  
   それでも、ほぼ計画数量通りに売り切れた。
   
   いや、売り切った、という表現か。

  過去に経験の無い数量を計画・発注・展開するわけだから、
  途中途中での軌道修正は必須である。

   主力SKUの変更、SKUの追加、値頃の修正、展開の変更等、微調整には
   事欠かない。

  しかし、それらを実施しながら、土日で計画した数量は、最終月曜には
  ほぼ売り切り、利益も含めて順調に確保している。

   “挑戦とは言っても、たした数量じゃないんじゃないの”

  その仕掛けに全店が乗って、昨比300%前後という実績で進行している。
  *(梅、さくらんぼ等)

 ならば、何故失敗しないのか?。

  「命」を賭けているからだ。

   “命?、そんなもの賭けられるわけが無ぇ~だろう~”

   それだけ真剣に「計画したら、売り切る」という事を徹底しているからだ。

 何故、そこまで、やれるのだ?。

   “自ら、計画したからだ”

   自ら計画した責任を果たすため。
   誰に頼まれ、依頼されたものでも無い。
   自ら計画し、売り切ろうという意志を持った商品だからだ。

   “何も、そこまで、思いつめなくても”

   そう思われる方も、多いと思う。

 しかし、今回、私は以下の事を学んだ。

  挑戦しようとする数量が多ければ多い程、売り切ろうとする「意志」が働く
  と言う事。

  黙っていても売り切れる数量の場合は、ほとんど意志は働かない。
  しかし、“これは無理かも”という挑戦ほど、“何としても売り切る”という
  強い意志が働くものだ。

 これは、私以外の人間も、同様の感情を抱くのだろうと思う。

  それが、人間の本質なのだろうとも、思う。

 だから、挑戦には、失敗は付いて回らない。

  いや、一歩間違えば、失敗だらけになるだろう。
  しかし、挑戦するという「意志」が、失敗させないという実績へ変換させる
  行動を起こすのだろう。

 その代償として、毎週、胃の痛くなる「ワクワク・ドキドキ」が待ち構えている。

 

|

« 挑戦、その二 | トップページ | 50過ぎの開放感 »

モチベーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/48876809

この記事へのトラックバック一覧です: 「挑戦」の後に、失敗は付いて回らない:

« 挑戦、その二 | トップページ | 50過ぎの開放感 »