« 「作」と「演」 私の流儀 | トップページ | エリアとしての吸引力 »

2010年7月22日 (木)

教育のネタ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


部下教育が大切だと言われるが、現場の店長として、どう部下教育を図るか。

 私の持論は、“人は、自ら育つ” もの。

  自ら、考え、
  自ら、行動し、
  自ら、結論を学ぶ。

 その時、人は、一番育つ。

  上司として、“自ら育つ” きっかけを、どう造ってやるか。

 そして、“人は、人を見て、人によって育つ” もの。

  上司として、“自分の生き様” を、どう見せるか。

 担当者用や、チーフ用のマニュアルはあるが、
 そのマニュアルが活きるのは、精々半年か、一年。
 だから、そのマニュアルは、企業としての基準であり、方向性としては大切だ。
 徹底してマニュアルに沿った仕事の手順を学び、体がマニュアル通りに自然に
 動いてしまうまで徹底して体に刷り込ませる必要がある。

  しかし、

 いつしか、マニュアルを捨てなければならない時が来る。 
 その後は、自ら考え、行動し、掴んだ結論だけが、成長の糧となる。

  その後の、「成功」へのステップは、その場、その瞬間で異なるからだ。

 同じ場面、同じ状況は、もう二度と巡ってこない。
 
  “逃がした魚は大きかった” 

 とは、良く言われることだ。

  そして、現場では、二度と同じ事は起きない。
  日々同じ事の繰り返しのようだが、日々同じ売場は二度と繰り返されない。
  常に、新たな状況を迎えて、最善を尽くし、最高の結果を目指す。

 よく、教育する時間が無い、と言われるが(私も覚えがあるが)、
 現場には、教育材料が、ゴロゴロ転がっている。

  気が付かなければ、そのまま通り過ぎて、見過ごしてしまう材料や場面。
  どれだけ、その場面を止めて、瞬間瞬間の気づきを「共有」できるかだ。

 日々の店舗や現場には、常にエキサイティングな現実が繰り広げられる。
 
  それらを、どう、教育とか部下育成の道具として、拾い上げられるか?。

 上司として、部下の欠点や不足は、よぉ~く見える。
 しかし、瞬間瞬間でゴロゴロ転がっている教育のネタを
 どれだけ拾い上げられるか。

  それが、見える人か見えない人か。
  
 店長として、いろいろな教育のネタが「見える」存在になりたいものだ。


|

« 「作」と「演」 私の流儀 | トップページ | エリアとしての吸引力 »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育のネタ:

« 「作」と「演」 私の流儀 | トップページ | エリアとしての吸引力 »