« 今読んでる「本」Ⅴ | トップページ | 丑の日顛末 »

2010年7月28日 (水)

アンガー・マネジメント

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、通勤途中でラジオを聴いていたら、「アンガー・マネジメント」という言葉が
出てきた。

 “アンガー・マネジメント?”

  怒りのマネジメント?。

 当初私は、「感情を表面化することで、部下をマネジメントする手法」かと思った。
 しかし、よくよく聞いて見ると、どうも違うらしい。

  アンガー・マネジメント。

 それは、感情が表面化することでトラブルを引き起こす人に対して、
 その感情(怒り)を、どうコントロースするかを説いた管理手法の事だと言う。

  “そんな、マネジメント手法があったんだ!”

 アメリカの大リーグで、見方の守備陣のエラーに怒ったピッチャーが吐いた暴言
 を巡り、監督がそのピッチャーに対して「アンガ―・マネジメント」を施したという
 内容のラジオ放送だった。

  “大リーグの監督ともなると、個人のマネジメントまで一括管理するのか”

 日本という国では、見方エラーに遭遇して、ピッチャーが暴言を吐いてチームの
 ムードを壊す、という行為はめったに無いのだろうと思う。

 しかし、目を国外に向けると、個人の主張の強い「個」の集まりの為、上記のよう
 な「アンガー・マネジメント」という手法が発達してくるのだろうか。

 更に、話を聞いていると、アンガー・マネジメントに有効な一番の方策とは、

  「深呼吸」をする事 だそうだ。

 簡単な事だが、頭がヒートアップしたその状況では、なかなか出来ない
 (思いつかない」事なのかも知れない。

  更には、深呼吸の中でも、「吐く」ことに時間をかけ意識する事だと言う。

 人間の呼吸は、吸って、吐く、こと。
 中でも、大きく吸ったら、ゆっくりと時間をかけて、「吐く」事を意識する事。

  逆に言うと、まず「吸う」事だとも言う。

 吸ったエネルギーを、暴言に置き換える前に、
 溜まったエネルギーを、吐いて呼吸を整える事から始める事で、
 精神の安定を招く、と言う事らしい。

  “なるほど、なるほど”

 お客様からの感情的なクレーム、上司からの叱咤、部下の不始末等、
 
  “吸う前に、まず、吐け”
  “吸ってしまった空気は、吐いてしまえ”

 要は、体内の悪いものは、外に吐け、と言う事か。

  人間の体は、常に空腹を常態としている。
  常に、吸収出来る体制を整えておく事。
  満腹状態というのは、危機的状況にある、と言う事

 仕入れた「在庫」は、売場に出し切る、売り切る。
 
  「アンガー・マネジメント」

 いろいろな事に通ずる、マネジメントのようだ。




  

|

« 今読んでる「本」Ⅴ | トップページ | 丑の日顛末 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/48922504

この記事へのトラックバック一覧です: アンガー・マネジメント:

« 今読んでる「本」Ⅴ | トップページ | 丑の日顛末 »