« アルバイトを叱る | トップページ | 素直な言葉 »

2010年6月 4日 (金)

ある、老夫婦

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


少しずつ、顔見知りのお客様が増えつつある。

 最近は、ある老夫婦の方と顔見知りになった。

 ほとんど毎日、ご夫婦で顔を見せる。

  一番初めに「声」をかけて頂いたのは、2月中旬頃か。

  奥様に声をかけられ、
  
   「大納言は、どこにありましたっけ。以前この辺で見たんですが?。」

  “大納言?”

   一瞬、豆が頭に浮かばず、戸惑っていたが、

   「あれを煮込むと、美味しいのよね。ここの大納言は美味しいわよ。」

  “青果の豆だ”

  青果に問い合わせ、後日入荷する事を告げると、

   「少々高いけど、あの大納言は美味しかった。こんなバカなお客もいる事を
   忘れないで。」

  年の頃で、70半ばか。しっかりした目を持つご婦人だ。

 その後、いろいろ話しながら、このご夫婦の情報を掴んだ。

  旦那さんが愛媛の「浜」育ちで、海の物や果実が好物。
  だから、鮮度、品質、味にうるさく(失礼)、美味しいものを知っている。

 先日も、こんな会話をした。

  「いよいよ「さくらんぼ」の季節ね。

   「そうですね。アメリカンチェリーの味が乗ってきましたよ。」

  「さくらんぼと言ったら、佐藤錦よ。以前、大粒の丁寧に詰められた佐藤錦を
  頂いて食べたけど、美味しかったわ。本家以外には出回らないものだそうよ。」

   「そういうものは、売りに出さないそうですよ。身内に出回るだけのようです。」

  「本当ね。果肉が厚くて、甘くて。どうしてあんなに美味しいのかしらね。」

   「作った人も、箱詰めした人も、真心を込めて作ったからだと思いますよ。」

  「そうよね、心よね。見た目も大事な美味しさだものね。」

   「私も、一生に一度でいいから、食べてみたいですよ。」
 
  「今度、持ってきてあげるから(笑)。」

   「いえいえ、冗談です(笑)。」

 すでに定年を終え、人生の晩年を、ご夫婦共に、私のお店で過ごす。
 このお二人にとってこの店舗は、人生の一部になっているのだろ。

  そう思うと、緊張感が迫ってくる。

 「他人の人生の一部を担う。」

  その事に対する「緊張感」だ。

また、先日は、あるご夫婦が、見えられた。

 かっての店舗での、顔見知りの御夫婦だった。

  「てっちゃん店長久しぶり。こっちのお店に異動したんだってね。」

 「はい、2月に異動してきました。」

  「以前は、開店時間前に無理言って開けてもらって、助かりましたよ。
  こっちでもがんばってくださいね。」

 「はい、ありがとうございます。」

 特に、ご夫婦で毎朝来店されるお客様は、顔を覚えてしまうのだ。




|

« アルバイトを叱る | トップページ | 素直な言葉 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
来店するのであれば、一言サービスカウンターにでも訪ねて頂ければ、ご挨拶出来たのに。
それとも、身近な方なのかな?。
私は、決して達筆じゃ無い。だから手書きpopが映えるのだと思っていますが。
それより、何とか伝えようとする気持ちが伝わる事が大切なのだと思いますよ。

投稿: てっちゃん | 2010年6月 5日 (土) 07時29分

てっちゃん先生、こんばんは。

コメントのコメントありがとうございます!

てっちゃん先生がお客様から愛される理由がわかるきがします!いつも生意気な私のコメントに付き合っていただいてありがとうございます(笑)

先日、てっちゃん先生の店をこっそりMR?しちゃいました

伝説の売り場発見!

感動しました!


それにしても達筆ですね(感動)

私も早速字の練習しなくちゃ!と思います

手書き媒体、真似していいですか?(笑)

レモンバジル塩ラーメンもためしてみます!

投稿: 通りすがり | 2010年6月 5日 (土) 00時09分

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
買物の楽しさは、通りすがりさんがおっしゃる通りですよ。
そして、お客様との信頼関係があるから、おまかせ注文を受ける事が出来る。
それは、一つの勲章なのだと思います。
人間、「お前に任せた」と言われたら、決して妥協できない。全力で遂行しようとする。
そんな人間関係を、いろいろな方と結んでいきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2010年6月 4日 (金) 22時20分

おはようございます!てっちゃん先生

店舗を限定する理由は、最終的にそこで気持ちよく買い物出来るかですよね?

買い回りする楽しさは品揃えの幅

大中小のSKUと上中下のグレード

あと鮮度

朝一番に昨日の商品ばかりならんでたら朝一番に来た意味ないですもんね?

そして、最後に店員さんの接客

それこそが商品に付加価値をつける最大のスパイスと言いましょうか?

魔法ですね!

私にも顧客様が二人いますが

「○○用を○○人前ちょうだい?」ってしか言わないんですよ(笑)

グレードも量も私任せ

私が休みだと買い物せずに帰る始末

恥ずかしながら部下の教育がなってないと間接的に言われていますね(泣)

それでもここでしか買い物したくないと言ってくれているのだからありがたいし、責任はかなり重いですよね

投稿: 通りすがり | 2010年6月 4日 (金) 06時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/48454428

この記事へのトラックバック一覧です: ある、老夫婦:

« アルバイトを叱る | トップページ | 素直な言葉 »