« ワンストップショッピングと粗利ミックス | トップページ | 競合店長の行動 »

2010年6月11日 (金)

ワンストップショッピングの進化

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日のブログで「ワンストップショッピングと粗利ミックス」を記した。

 そして、本日は、その続編。

 ワンストップショッピングの実現に向けて、スーパーマーケットは店内に、青果、
 鮮魚、精肉、惣菜、調味料、飲料、酒、菓子、雑貨等の品揃えを実施する。

 そして、お客様が来店して、一度の買物で事足りる事が目的である。

  お客様に対しての利便性。
  一店舗での買い物で事足りる、というタイムセービングのサービスなのだ。

  一度の買物で、目的を持った買物の時間を効率よく消化して頂き、タイムセー
  ブ出来た残りの時間を、より有効にお客様が消化し、暮らしを豊かにしていく事。

 それが、ワンストップショッピングの、お客様側のメリットである。
 そして、そのワンストップショッピング自体も、競争の世界に晒されて、競い合いの
 世界へ入っていった。

  それは、ワンストップショッピングを実現する為に、各部門を集合させて店舗運
  営をすれば良かった時代から、ワンストップショッピングの本来の意味である、
  タイムセービングを、更に進化させて、店内レイアウトや陳列レイアウトを考え
  更に、ショートタイムショッピングの実現を図ろうとする競争だ。

 ワンストップショッピングを図るべく、レイアウトされたスーパーマーケットの店舗
 レイアウト。

  それは、我々の仕事を運営していく上での「原理原則」であるが、その原理原
  則も、より進化をさせていかねばならない。

 ワンストップショッピングの本来の目的は、お客様のタイムセービングだ。
 そして、それは、この店舗レイアウトでも、永遠に追求していくべき課題であり、
 このレイアウトが構築された時代に出来上がった原理原則論も進化させていか
 無ければ、今後の競争には勝てない、と言う事だ。

  そして、その為に、「関連販売」という手法が開発されたのであり、
  その為に、「メニュー提案」が開発されたのであり、その為に、
  「合同展開」が開発されたのである。

  そして、それらは、一回やって失敗したから元に戻すのではなく、磨き込んで
  いかなければならない事なのだ。

  そうやって、成功体験を積上げ、成功フォーマットを造り上げ、定着させていく
  事が、競争に勝ち抜く要因だろう。

 全ては、お客様のタイムセービングの為に。

  しかし、複雑に考えろ、と言っているのではない。
  お客様のタイムセービングとは、生活場面での分かりやすさを、どうレイアウト
  し、どうタイミング良く展開して、探す時間をセーブしてやるか、と言う事。

  その為には、単品量販が有効な手段でもあるし、関連販売が有効な手段でも
  ある。いろいろな場面で、いろいろなタイムセービングという「引き出し」を持つ
  ことである。

  一番駄目なのは、現状のレイアウトを有効に買い回って頂くために、関連販売
  等を一切省き、ひたすら定番への買い回りを強引に引き込ませようとする姿勢
  だ。

  そのような売場では、お客様は文句も言わず、どんどん離れていってしまうと言
  う事だ。

|

« ワンストップショッピングと粗利ミックス | トップページ | 競合店長の行動 »

商売」カテゴリの記事

コメント

てっちゃん先生、お仕事お疲れ様です

バジルレモンの塩ラーメンは、もちろん、てっちゃん先生のお店で買いましたよ(笑)

うちのお店はないですから(涙)

投稿: 通りすがり | 2010年6月11日 (金) 10時49分

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

今日の記事から、いろいろと繋がってきたのではないかと思います。
いずれにせよ、お客様へのタイムセービングの追求は、我々の永遠の課題であり、進化させていき続けることが、我々の進化にもつながる事なのだと思います。
バジル&レモンをサラダで食べる。良いですね。当店のバジル&レモンは、おかげ様で?、ほとんど完売状態です。追加しようかな?。

投稿: てっちゃん | 2010年6月11日 (金) 07時14分

てっちゃん先生、お仕事お疲れ様です

なるほどです!

自分なりにてっちゃん先生のバイブルを解釈しよう、吸収しようとしましたが、やっと点と点が線で結ばれた気がしました

日々お客様に新しいメニュー提案、美味しい食べ方、新商品を売り場に表現し単品拡販、関連販売し、お客様が買い回りしなくても提案するメニューが作れるようにする

レシピなんかあると最高ですね?

手書きコメントで簡単さをアピールするとか

そして、お客様にそのメニュー、新商品の味を知っていただきプロパーに上手にもどす!

その繰り返しで店トータルでの粗利ミックス、ワンストップショッピングが出来上がる

お客様もまたあのメニューが食べたいからあの店で買い回りしたい

今日はどんなメニューが提案されているのだろうという来店動機が出来る

それが夕飯を悩むお客様のタイムセービングになるのではと私なりに解釈しました!

モチベーション上がりますね(笑)

明日は店に一番に行かなくては気が済まなくなりました(笑)

揖保の糸につゆがあることは初めて知りました

今度食べてみます!

バジルレモンの塩ラーメンは袋タイプを買いました(笑)

冷やしラーメンにしてサラダ野菜を加えるとさらに美味しかったです!

ありがとうございました(笑)

投稿: 通りすがり | 2010年6月11日 (金) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/48575186

この記事へのトラックバック一覧です: ワンストップショッピングの進化:

« ワンストップショッピングと粗利ミックス | トップページ | 競合店長の行動 »