« 大手ほど価格に走る | トップページ | ワンストップショッピングの進化 »

2010年6月10日 (木)

ワンストップショッピングと粗利ミックス

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


私が、以前から強化しようとしている「ワンストップ・ショッピング」化。

 要は、一つのお店で、普段の食に絡まる品揃えを実現し、一回の買い物でそれ
 らを済ます事の出来る、便利なお店を目指す事。

 それは、店舗規模と、駐車スペースが確保されていれば、容易に実現できる。

  しかし、

 それを実現したのに、売上が思うように得られないのは、何故か?。

  それは、競争力に「目」を向けていないからだ。

 ワンストップショッピング化を実現する、と言う事は、集客力を高める手段。
 それに利便性を感じて、遠方からでも車で来店するお客様が増加する。

 しかし、これだけ車で来店される距離(2K)の中に、競合店が密集してくると、
 必然的に、競争が発生する。

 その競争を勝ち抜いて、お客様に選択して頂くためには、競争力を高めていか
 なくてはならない。

  どうやって、競争力を高めていくのか?。

 最大の武器は、商品面での粗利ミックスをどう図っていくかだ。
 店舗で品揃えしている商品の価格設定を、お客様にとって如何に魅力ある価格
 に設定して、来店動機を高めていくかだ。

  例えば、きゅうりは1本20円で原価で販売し、レタスは1個150円で粗利50円を
  確保し、醤油は100円で粗利-20円で集客し、それを、天ぷら粉とチョコレート
  とお茶でカバーする。

 ワンストップショッピングと粗利ミックス志向は、切っても切れない関係なのだ。
 粗利ミックス志向にて、競争の中から、お客様の選択を勝ち取り、来店して頂い
 た折に、ワンストップショッピングをして頂き、その他生活必需品もまとめて購入
 して頂き、その利便性に満足して頂き、我々は、トータル利益を享受する。

  ワンストップショッピングを前提にしない限り、粗利ミックスは実現できない。

 そして、企業としてスーパーマーケットを営む最大のメリットも、そこにある。

  それは、別々のテナントの集合体ではなく、一企業として、部門横断的に
  粗利ミックスを組み立てられるからだ。

  だから、縦割りの部門運営も大切だが、横断的な機能的な部門役割を
  担って、店舗としての強みを発揮していく事が、大切になってくる。

 だから、業績が振るわなくなってきているのは、この粗利ミックスのダイナミック
 スさが、失われているのが大きな要因であると言える。

 どこの企業も、同様の考えを持ち、同様の粗利ミックスを実施し集客しようと
 している。

 企業として、その事を徹底し、ミックスの幅を大きく広げていかない限り、
 お客様には、魅力を感じない店舗になってしまうだろう。

 しかし、それは商品と価格の問題であって、それをどう仕入れ、どう販売するか
 という現場の人材能力も相まってくるから、商売は面白いのだ。

 そして、ワンストップショッピングを目指した企業がひしめく今日、我々は、もう
 一度、ワンストップショッピングの意味を問わなければならない。

  それは、明日。

|

« 大手ほど価格に走る | トップページ | ワンストップショッピングの進化 »

商売」カテゴリの記事

コメント

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
鋭いご指摘ですが、そのご指摘は、粗利ミックスの一事例なんです。
本来の「ワンストップショッピング」とは、
内食(家庭内で食事を摂る事)の買い回り+αの雑貨を取りそろえる事で、ワンストップで内食の材料が全て揃う事が基本なんです。
詳細は、「てっちゃんのおすすめ」に紹介してある「日本スーパーマーケット創論」をご参照ください(笑)。
しかし、通りすがりさんがご指摘する粗利ミックスは、今後更にワンストップ化を進めていく上で、進化させて実践しなければならないポイントですよ。
ちなみに、揖保のつゆは、今月に入って31本も売れています。

投稿: てっちゃん | 2010年6月10日 (木) 23時50分

てっちゃん先生、お仕事お疲れ様です

私はワンストップショッピングとはメニュー提案が成されているのを前提に各部門の主力品が価格、価値で地域で一番であること

その周りにグロサリー中心に関連品が高値入れでならんでいること

例えば本マグロの側に青果の根わさび、小さいおろしがね、旨い醤油がならんでいること

など、価値ある商品に価値ある関連品が一緒にある

と解釈しましたがいかがでしょうか?(笑)

揖保の糸のとなりに揖保のつゆがならんでいることが答えなのでは?と思いました

まだまだ未熟ですみません(涙)

投稿: 通りすがり | 2010年6月10日 (木) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/48575165

この記事へのトラックバック一覧です: ワンストップショッピングと粗利ミックス:

« 大手ほど価格に走る | トップページ | ワンストップショッピングの進化 »