« “身だしなみ”私の流儀 | トップページ | テレビの力を借りる »

2010年5月24日 (月)

真岡地区MRⅣ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先週に引き続き、真岡地区のMR。

 「K社」が、ディスカウントの「S社」に衣替えし、ワンストップショッピングの広さを
 有するディスカウントへの改装により、直近店舗への影響もあるが、意外に3k
 周辺地域への影響も大きいと思える。

 それは、真岡地区に出店するスーパーは、いずれも従来からのSMタイプの
 店舗がほとんどで、ディスカウントと呼ばれるスーパーマーケットの存在しない
 エリアだったからだ。

 更には、その「S社」が500坪を有する店舗面積となれば、尚更影響大と言える
 だろう。
 このエリアは、一応、川や線路で仕切られているものの、完全に商圏が分断さ
 れるほどの仕切りとは言えず、この不況の影響もあり、各店の影響は意外に
 大きいのではないか。

まず、「O社」。

 O社の中でも、中堅クラスの店舗で、かってはこのクラスが中心だった。
 客層も、普段の足でいける気軽な店舗といった感じだが、青果中心にまとまり
 のある店舗。

 いかんせん、店舗規模300坪では、品揃えも限られ、通路も制限が多く、集客力
 があるとは言えないが、近くに住宅も多く、安定した売上は見込めていると思う。

次に「T社」。

 後述の「T社」と同企業だが、旧タイプのお店で、店舗ロゴもひらがなを使用して
 いる。

 しかし、店舗とお客様との信頼関係が築かれており、売場の展開も手慣れた
 感じで、配置に無駄が無い。

 特に青果は、開店品揃えも良く、安定したオペレーションで運営されている。

 朝からの集客もほどほどに多く。住宅街にある、私のお店として定着している
 様子だ。

  この企業の特徴は、トップに必ず「野菜」の価格訴求を、数品で展開し
  その日の、お買い得感を出していること。

  しかし、その継続力は素晴らしいが、その後の、方向性が見えてこない。
  次は、どんなステージに行くのか、それとも行かないのか。

 イベント時に、行ってみたいと思わせる企画力がほしいところだ。

更に、「O社」ⅱ。

 ①の「O社」だが、この店舗はアップグレード店舗の位置づけだ。
 だから、店内内装や、BGM、品揃えまで大きな違いがある。

 かっては、いつ行っても安定した品揃え、陳列技術、売場状態をキープして
 いたが、この日は少し、荒れていた。

 朝から、あまりお客様が入っている様子はないのだが、オペレーションの崩れ
 か。

 また、かっては「果実」の売り込みを前面に押し出した青果売場だったが、
 現在は、野菜中心の売り込み企画に変化しており、それも、「S社」対策で
 あろうか。

最後は、「T社」ⅱ

 前述②の「T社」だが、最新店舗で、店舗ロゴも「ローマ字」になっている。

 最新店舗で、店舗運営もしっかりやられているが、いかんせん周辺人口が少な
 い。

 小雨のこの日の朝の集客は、可哀そうなぐらいに少なかった。
 この店舗で運営しなければならない店長初め、担当者には気の毒な事だ。

 しかし、この企業の「あるべき姿」の追求だけでは、この状況は打破できない
 だろう。

 先週の記事での「P社」のような、パワフルな青果売場などを学ばなければ、
 いずれ、この地域が人口が増加する前に、撤退を余儀なくされるのではないか。

今回は、先週に引き続き、真岡地区の中でも、「S社」から離れた周辺エリアを
取り上げた。

 しかし、各店の各部門の運営力が、かって以上に強化されたかと言えば、
 ?マークである。

 もっと、パワフルに伝わるものが、感じられない。
 自分のエリアを、自分で器を決めてしまっているようだ。

 このようなエリアは、それこそ、一人勝ちできるエリアでもある。
 そのように変化できる、良いチャンスだと思うのだが。

PS
 真岡地区MRⅣの写真を載せました。どうぞ。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/mooka/






|

« “身だしなみ”私の流儀 | トップページ | テレビの力を借りる »

競合店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真岡地区MRⅣ:

« “身だしなみ”私の流儀 | トップページ | テレビの力を借りる »