« 品揃え100%をきめる | トップページ | 金婚式 »

2010年4月 9日 (金)

単品の強み

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


「単品量販」。

 商売の原点である。

 私は、この業界に入った時から、

  「お客様は、大きな建物を買物に来ているのではないんだよ。
   商品一品一品を吟味して、当店で買物してくださっているのだよ。」

 そう、体に叩きこまれてきた。

 確かに、スーパーの建物自体も、デザイナーやデザインの進化によって、随分と
 お洒落なスーパーが出現し、買物空間の気持ち良さも競うようにはなってきたが。

  果たして、単品を量販する力は、本当に進化しているのか?。

 小売に入ってくると、まずは仕事の一連の流れを体で教わりながら、ゴミ片づけ
 等の下っ端の仕事を任される。
 そして、単品の発注から商品を任され、それが拡大していく。
 ほとんど全ての人間は、単品の商売から入っていくのである。

  その広がりの中で、部門の商売を任せれ、店舗の商売を任される。
  だから、担当者よりはチーフ、チーフよりは店長の単品拡売力は高くなっていく。
 
 これは私の持論であり、日々の中での実践項目として、常に意識している事だ。
 それは、事前計画の打合せの時でも、現実の売場を見てからの指示でもそうだ
 が、部下が作成した売場に、更に「手」を入れる事にしている。

  それは、その事によって、更に量販出来る売場になるからであり、
  それを通して、単品量販の売場を作って見せて、部下教育の目的でもある。

 要は、コミュニケーションの軸になるのは、基本的には「単品」の売り方。
 そこから、「人」の問題、「技術」の問題、「発注」の問題が派生する。

 そして、私の売り方、商売の仕方を見て、他に応用できる部下の割合の程度で
 「言葉」が通じたか、通じなかったかの判断をしているのだが。

 店長の仕事とは、それこそ店舗経営を含めれば多岐に渡るのだが、
 基本はその部分であり、最後は、戻らなければならない「軸」だと思っている。

 だから、店長の基本を挙げよ、と言われれば、

  一つは、マネジメント面では、「店舗で一番、他人を活かす事の出来る存在」
  二つは、販売・営業面では、「店舗で一番、単品量販力を持っている存在」

 単品量販と言っても、パートさん、チーフ、店長とレベルは変わってくる。

  パートさんは、自分のカテゴリーの中で、どこでどのようにいくつ販売するか?。
  チーフも、自分の部門内で、どのようにいくつ販売するか?。

 しかし、店長の単品量販とは、店舗レイアウト上で、単品をどこで販売するか?。

  この店舗の、どこで、何を売ろうが、店長の売場だという意識を持つ事。

 これには、いろいろな、「意味」を持つ。
 
  今、それに目を付けた、タイミング。
  それを、ここで売る、意味。
  そして、どう売るか、という工夫。
  それを見た、部下への教育。
  その一連の流れをマネジメントする、リーダーシップ。

 たかが「単品」だが、その持つ意味は、果てしなく大きい。

PS
 にゃんにゃんの最新の写真を載せました。
 春の日差しにまどろむにゃんにゃんをどうぞ。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/nyannnyann/


|

« 品揃え100%をきめる | トップページ | 金婚式 »

商売」カテゴリの記事

コメント

けんたさん、コメントありがとうございます。
店長=マネジメント は基本的には正しいと思いますが・・・・・。
私は、「単品量販」という軸の中に、全てが内包されていると思っています。
「単品量販」を通じて、人の気持ちが見え、人の技術が見え、強み、弱みが見える。
そして、その事によって、人への説得力も生まれ、信頼関係も生まれる。小売を生きてきた人間にとって、一番の近道であると思うのです。
その事に関して、店長もSVも同様だと思いますよ。

投稿: てっちゃん | 2010年4月10日 (土) 23時35分

こんにちわ

店長を『単品拡売』という視点から
考えたことはありませんでした
マネジメントの側面の方が強く
モチベーションコントロールというか
コミュニケーションの方かと思っていました
勉強になりました

投稿: けんた | 2010年4月10日 (土) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/47926063

この記事へのトラックバック一覧です: 単品の強み:

« 品揃え100%をきめる | トップページ | 金婚式 »