« 相互依存の関係 | トップページ | 単品の強み »

2010年4月 8日 (木)

品揃え100%をきめる

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日の記事で、店長会での話題を記した。

 本日も、その続編。

 朝8時からの店長会で、ある店舗の開店までの作業のクリニックがあった。

 店長を数班に分け、各部門(鮮魚、精肉、青果、惣菜)の開店までの作業を
 クリニックし、問題点を、各部のトレーナーと見い出し、共有して、店舗と本部の
 連動を図る事が目的だった。

  私が担当した部門は、開店時に、品揃え100%が完了した。

 チーフの、開店品揃え100%を完了させるという、意志。
 まずは、そこが無ければ、そこにはたどり着かない。

  チーフが、走りながら仕事をしている。

 その姿が、全てを物語るのだろう。
 その姿が、パートさんへ伝わり、部門が引き締まる。

  当然、前日の売場作りや、当日の段取り等も大きい。

 如何に、当日、人手を掛けるところを、絞り込んでおくかも大切。
 だから、尚更、開店品揃え100%に対する執着心も高まるのだろう。

 開店品揃えを100%にする事に対して、いろいろな考えもあろうが、
 スーパーとは、不特定多数のお客様が9割の世界である。

 如何に、それらのお客様に対して、先手を打った売場作りが出来るかで、
 勝負は決まる。

 先手が打てれば、常に整然と整った売場で、最終売切りも早めの判断を
 以って、売場撤去や変更が可能となる。

 先手が打てなければ、常に売場が乱れ、判断も後手に周り、ロスが増える。
 
  それは、もう開店時から始まっているのだ。

 それを先読み出来るか、出来ないかで、チーフの能力は評価できる。
 更に、その能力は、売場維持を続ける事で消費される、人、物に対するコスト
 消費を左右する事でもある。

  そのような諸々の事が、開店品揃え100%に集約されていると言う事だ。

 今回の店長会でも、いろいろな事を学んだが、私個人としては、その事を、
 自店へ活かしていく事が、最大の課題だと感じた会議だった。

PS
 にゃんにゃんの最新の写真を載せました。
 春の日差しにまどろむにゃんにゃんをどうぞ。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/nyannnyann/




|

« 相互依存の関係 | トップページ | 単品の強み »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/47926026

この記事へのトラックバック一覧です: 品揃え100%をきめる:

« 相互依存の関係 | トップページ | 単品の強み »