« おせち料理 | トップページ | ゴールを見せる »

2010年1月 8日 (金)

ターゲットを絞る

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


前回の店長会に、トップから、「ターゲットを絞る」旨の話があった。

 今後、当社が競合と位置付ける「ターゲット」を数社に絞る、と言う事だ。

 もちろん、既存店の競合店は多種多様だ。
 それも含めて、数社に絞る、と言う事ではない。
 個店に応じて、競合対策は、個店毎に実施していく。

  しかし、企業として、対極的に絞り込んで、集中していくと言う事だろう。

 今後の出店エリアに、必ず出現してくる企業を集中して研究しようと言う事だ。
 なるほど、当店の競合にも含まれてくる企業でもある。

  そう考えてくと、現場も考えやすいし、チラシ内容も、集中して研究できる。

 私は、早速、部下達に、その旨を伝えた。

  「今後は、競合として捉えていく企業を数社に絞って考えていく。その企業の
  チラシ内容、イベント対応、プロパー品揃え、販売技術等をいろいろな角度
  で検討し、研究していく事。」

  「それは、今後の出店エリアに必ず出現してくる競合店でもあり、格上の企業
  を目標にするから、我々の能力が、更に拡大していくのだ。」

  「だから、常に上記競合店をマークし、販売技術を整理しておくこと。そして、
  それらの企業に対して、対抗していくためには、当社、当店に足りない部分、
  必要な部分はどこか?。どこを強化すれば、絞り込んだ競合店に対抗出来
  るのか?、を自らの頭の中で整理しておくこと。」

  「それが、今後、君らの将来に大きな意味を持ってくるハズだ。」

 全般的に、競合を見るという、従来の視点から、
 集中的に、競合を絞って見ることにより、より具体的に研究できる
 土壌が固まった、と言える。

  逆に、あまりにも絞って考え過ぎると、足元をすくわれる要因にもなるが、
  将来的には、格上企業を絞って捉えていく事により、我々の眼も肥えてくる
  だろう。

  更には、我々現場同志の情報力をもって、相手企業の考え方も含めて、
  いろいろな情報を、より絞って収集しようとする「意志」が働く。

  現場の話題も、数社から、絞った2社程度で捉えると、より具体的にコミニュ
  ケーションを交わすことが出来る。

  今回の、クリスマスから年末にかけての商戦。
  そのチラシも、我が社と合わせて3社の比較に絞って比較することにより、
  より多くの細部の「差」が明確に浮き出てくる。

 そうして見えてきた、今回の年末商戦での3社の違い。

  まだまだ、チラシ創りに関しても、雲泥の差を感じたのである。




|

« おせち料理 | トップページ | ゴールを見せる »

商売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/47110578

この記事へのトラックバック一覧です: ターゲットを絞る:

« おせち料理 | トップページ | ゴールを見せる »