« 社内ネットワークから | トップページ | お年玉 »

2010年1月13日 (水)

人生観、仕事観

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


人生観を、一人の人間として、どう持つか?。

 私は、このことが、ひとりひとりの人間の、究極の生きる目的だと思っている。
 いろいろな物事や対象物に対しての、見方がある。

  「仕事観」
  「人間観」
  「人間関係観」
  「組織観」
  
 等々、いろいろな物事に対しての、視点。考え、思想。

  しかし、全ての根幹は、「人生観」 だ。

  人間、如何に生きるべきか。
  自分は、どんな人生を歩むのか?。
  
  その根幹があるから、目の前の岐路に立つとき、自らの人生観から判断し、
  歩む方向を決め、進んでいく。

 更には、自らの「人生観」がしっかり根付いているから、
 そこから、「仕事観」なり、「人間観」なりが、派生して固まっていく。

  自らの人生を、どう歩むのか。
  何を優先して、生き方を決定するのか。
  どんな、価値観を大切にして、生きていくのか。

 そのような、「生き方」の根幹が揺るがないから、
 そこから派生して、
  どのように仕事に取り組むのかという「仕事観」であり、
  どのように人間をとらえるのかという「人間観」が出来上がる。

 そして、その 「人生観」。

  だれから、一番影響を受けるのか?。

   父親、母親、兄弟。

  普段から共に生きてきた人たちに受ける影響も大きい。

  しかし、社会人となり、家族とのつながり以上に長い時間を過ごす組織人。

   とりわけ、自分の上司から受ける 「人生観」 ほど大きな影響は無いと思う。

  部下は、上司から、何を学んで、成長していくのか?。

   仕事のやり方、進め方、意思決定のしかた、決断のしかた、

   一番大きい影響は、上司が持つ「人生観」を学び、成長していくのだ。

   強力なリーダーほど、皆が吸い寄せられる強力な「人生観」を持つ。

  “自分の人生を、どう貫くか”

   自らの人生を、自らの人生観で貫く上司の姿こそ、最高の「見える化」だ。

   それを、入社時からコツコツと積み上げ、部門リーダーとして脱皮し、
   店舗責任者として、磨いていく。

  「人生観を磨いていく」

   我々、各組織のリーダーが、常に念頭に置く、覚悟だと思う。

 

|

« 社内ネットワークから | トップページ | お年玉 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/47178563

この記事へのトラックバック一覧です: 人生観、仕事観:

« 社内ネットワークから | トップページ | お年玉 »