« 節分を考える | トップページ | みんなで作る「バレンタイン」 »

2010年1月21日 (木)

行動する

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日のブログで「内示」を記した。

 数日後、辞令発表。

  さて、いよいよ、行動だ。

 昨日は、引き渡し後の「節分」について記したが、
 引き継ぐ店舗の「節分」も、自分の責任だと思っている。

  早速、行動を起こした。

 異動店舗に電話したら、副店長が遅番で勤務していたので、自店の仕事を早め
 に切り上げ、異動店舗周辺の夜の競合店状況と合わせて、節分とバレンタイン
 の計画と売場作りのチェックだ。

  以前、共に仕事をした副店長とは、ツーカーの為、ちょっとした世間話の後に、
  バレンタイン売場の手直しを指示。

  更に、節分の恵方巻の事前計画と各部支援体制の指示をした。
  自店の節分に関しての計画を通して、他店の店舗計画も良く見えるものだ。

  そこに、折よく鮮魚チーフも現れた為、早速売場に出て、節分での郷土料理
  の食材の展開、恵方巻関連の売場作り、更にはいわしの展開などを確認し、
  私の意向を伝えた。

 “新しい、自分達の上司”

  そんな目で見られている「今」だからこそ、スピードが肝心、最初が肝心。

 “新しい上司が、早速、我々に対して、行動を起こしている”

  私の行動と、部下の意識が、今後の展開にドライブをかけていく。

 “新しい上司の行動に、乗り遅れるな”

  赴任当日から、同じスピードで走れる脚力になっているから、
  同じ目線で、同じ課題が見れる、そして、言葉が通じる。

 今の店舗に比べて、競合ひしめく環境である。

  それは、数人の部下の言葉の端々からもうかがえる。
  「打っても打っても、手ごたえが少ない。」

  それだけ、やりがいのある環境でもあり、自らの力量の検証でもある。

 まずは、部下の心を惹きつけられるか?。

  そしてそれから、大きな「石」を、どう転がしていくかだ。




|

« 節分を考える | トップページ | みんなで作る「バレンタイン」 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/47333647

この記事へのトラックバック一覧です: 行動する:

« 節分を考える | トップページ | みんなで作る「バレンタイン」 »