« 「買うものが無い」 | トップページ | 成功の独り占め »

2009年12月14日 (月)

“善意”の送り込み

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日のブログで「ネットワーク」を記した。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-0b06.html

 そして、「トマト鍋」の提案をして、トマト鍋スープを追加注文した。
 それが好評を博し、いつの間にやら欠品してしまっていた。

 グロサリーチーフに追加注文させ、30ケース程バイヤーへファックスしたと言って
 安心しきっていてが、ついぞや納品されなかった。

  私は、怒ってチーフへ確認した。

 「追加したはずですよ。」
  「なんで来てないんだぁ~。」

 私は、直接バイヤーへ電話した。そして事の真相が理解できた。
 バイヤーが出張で、ファックスを見たのは昨日。よって、昨日の今日ではとうてい
 納品されるわけがない。入荷は早くても次週月曜日ということだった。

  “がっびぃ~~ん”

 なんてことだ。せっかくお客様からの支持が高まってきたのに!。
 バイヤーには、粘って、何とかならないか?とねだったが、ダメだった。

  “しゃぁ~ねぇ~か”

 諦めていた、月曜日。
 グロサリーチーフが、私ににやにやして、言ってきた。
 
  「店長、とまと鍋スープ、何ケース注文したんですか?。」
   「いや、数量は何も言っていない。お前がバイヤーに言った数量だろう。」

  「台車で3台も来ていますよ!。」
   「なぁ~にぃ~!。」

 本当だ。台車で3台、びっしり積んである。
 全部で、120ケース(6入)ほどあるだろうか。
 なんと、720袋。売価にしてなんと21万ほどある。

  怒りが、沸々と込み上げてきた。
  
   “正気の沙汰か?”

  そして、その後、

   “よぉ~っし、売ってやろうじゃねぇ~かっ!”

 このような逆境に遭遇すると、私は、何故か力が湧いてくるのだ。
 
  このような境遇を常に経験してきたからだろうか?。

 これに限らず、今の難局や逆境は、確かに大きな津波のようなものだ。
 
  “黙っていたら、いとも簡単に呑み込まれてしまう”

 私は、逆境には、サーフィンをしなければならないと思っている。
 
  ビッグウェーブに、プロのサーファーは、波に立ち向かっていく。
  大津波に、向かっていって、初めて、波に乗れるのだ。

  そして、大津波に呑み込まれる前に、津波に乗るのだ。
  そう、「伸るか反るか」だ。

 伸れれば、逆境、ピンチが、チャンスに変わる。
 反っても、待っていて波に呑まれるよりは、可能性がある。

  “ピンチをチャンスに変えよう”

 その為には、720袋を売場に出し切る事だ。  

 11月末日の話しだ。

   “それにしても、どこで売ろうか?”
   “一番目立つ場所、ここしかあるまい”

  棚卸終了後フラフラしていた青果チーフを捕まえて言った。

   「トマトの平台の前に、トマト鍋をおかしてくれ。」
    「良いですよ。」
   
  軽い返事だった。その後の売場を見て、彼は苦笑いをする羽目になるのだが。
  その後、今年の新入社員を捕まえて、トマト鍋スープの陳列を手伝わせた。

  その新入社員は、以前のブログ「教育の絶好の機会」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-0b06.htmlの新入社員である。

  その後、メキメキ力をつけた彼(彼ら)は、私の意図する陳列に、「あ、うん」の
  呼吸で追随出来るまでに成長してきていた。

  私のイメージを彼に伝え、その売場を彼に任せて、私は別の売場を探した。

   “よし、次は、ここだっ!”

  そこは、ワイン売場。
  それも、私のこだわりの「信州産ワイン」の大陳している売場。
  
   “ワインにトマト鍋?”

  私は、近くにいた惣菜担当者を捕まえて、陳列させた。
  そして、彼に、聞いた。

   「ワインとトマト鍋、なんの脈略もねぇ~なぁ~。」
   
  彼は、言った。

   「いや、店長。どちらも“新物”だから、良いんじゃないですか。」

   「なるほど。うまい事言うねぇ~。」

   “この際、なんでもいいや、とにかく、720袋を出し切ろう”

 そんな事が、約2週間前にあった。
 そして、今現在、400袋を販売した。
 ようやく、峠が見えてきた。

   “クリスマス前には、売切るぞ”

  逆境に乗り、ますます元気になっていくようだ。

 

|

« 「買うものが無い」 | トップページ | 成功の独り占め »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/46965767

この記事へのトラックバック一覧です: “善意”の送り込み:

« 「買うものが無い」 | トップページ | 成功の独り占め »