« お客様からの「通信簿」Ⅱ | トップページ | 全体朝礼から »

2009年12月17日 (木)

「未来」が見えれば、部下は迷わない

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日のブログで「お客様からの通信簿」を記した。

 かなり「冷めた」ブログの内容だったと思った読者の方も多かったハズ。

  何故か?。

 お盆、年末に関しては、熱くなったら終わりだから。

 常に、冷静に冷静に、冷めた目で客観的にお客様動向を事前準備し、お客様を
 お迎え出来るか、にかかっているからだ。

 年末での失敗は、常に、突入してからの迷いと行動が全てを狂わせるからだ。
 年末動向ほど、事前準備に勝るものは無いし、終わってみれば、事前準備、
 事前計画に収斂されていく。

  そして、一番の迷いは何か?。

 日別動向の狂いだ。
 クリスマス以降31日までの、日別動向が、事前準備を噛み合わなくなった場合。

  そこで、動いた方が、負ける。

 事前準備よりも、動向が遅い。
 
  しかし、決して、商品を手放してはいけない。

 事前準備よりも、動向が早い。

  しかし、決して、商品を追加してはいけない。

 31日の午後3時までは、決して、動いてはいけない。

 そして、それだけ確信を持った、事前準備、計画を立てなくてはいけない。
 それは、日別動向、時間帯別動向まで含めて、冷静に読み切る事。

  そして、もっと大切なのは、部下に日別動向を伝え、
  日別に、時間帯別に、どのようなお客様の集客に変化していくのか、
  商品動向が、そのように時間帯別に変化していくのかを伝えること。

 それが、年末の「リーダー」の大切な役割だ。
 それが、出来なければ、リーダーを降りなければならない。

  何故か?。

 部下が、一番欲している情報が、そこにあるからだ。
 
 普段は、ワーカーをしていても、デスクワークをしていて良いが、
 年末のこのタイミングで、その方向性を示さなければ、店長の存在はいらない。
 だから、自店の日別、時間帯別動向は、徹底して追求すべき項目である。

  そして、その方向性を示すことにより、部下は安心して、計画数量を造りきり、
  安心して、予定外の作業をしないで済む。

 その瞬間瞬間での挑戦やチャレンジは、お客様の評価を頂く以前に実施し、
 それをもって、お客様の評価を高める目的と自らの能力を高める目的で実施
 すべき項目だ。

  ここに来て、相場対応しようとしても、時すでに遅し。
  逆に言うと、ここに来ての相場対応も含めて、事前準備の中に納めておけ、
  と言う事だ。

|

« お客様からの「通信簿」Ⅱ | トップページ | 全体朝礼から »

生き方」カテゴリの記事

コメント

KOZOさん、コメントありがとうございます。
ETC効果は昨年同様ですので、昨年データが活きやすい環境だと考えております。
年末までは、お客様の通信簿に見合う売場があるだけ。
店長としては、もはや、すっきりと臨んでいきたいと思っています。
お互いに、体調管理だけは自己責任で気をつけていきましょう。

投稿: てっちゃん | 2009年12月17日 (木) 07時43分

昨年は練り製品を手放してしまったという反省でしたね。今年、ETCの割引が2日、3日となり、ますます31日の15時の見極めが難しいと思います。先日のブログに記してあった通り、お盆から今月までのトレンドでの発注をいかに計画に落とし込み、それを実行するのが大事だと私も思います。

 さあ、残り2週間ですがんばりましょう

投稿: KOZO | 2009年12月17日 (木) 05時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/46965848

この記事へのトラックバック一覧です: 「未来」が見えれば、部下は迷わない:

« お客様からの「通信簿」Ⅱ | トップページ | 全体朝礼から »