« “自己評価”私の流儀② | トップページ | 「いわしの日」に想う »

2009年10月 8日 (木)

十五夜のすすき

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


十五夜には、毎年の事だが、「すすき」を無料プレゼントする。

 どの競合店でも実施している事ではあるが、毎年頭を悩ます。
 そして、今年は10月の3日。

  10月頭の量販の連続で、事前準備をしている暇が無い。
  更には、すすきも無い。

 十五夜には珍しく、10月にずれ込んでしまったからだ。

 事前に、自力で伐採してきた「すすき」も、当日はあっという間に無くなってしまう。
 だから、毎年、地場野菜を出荷してくれる農家さんに、一部お願いもしてきた。
 その農家さんとは、懇意にしていただいており、普段からコミュニケーションを
 とっている。

 いつも、私の朝の店内放送を聞いてくれている。

  「店長、最近業績いいのね。」
  「前回の量販日は、そんなに売ったの?。すごいねぇ~。」

 私は、敢えて店内放送で、最近の業績や直近の売上を放送しているのだ。
 それは、パートさんたちにも店舗の業績を知ってもらい、数値に対して敏感に
 なってほしい、という願いからなのだが、もう一つの意図は、店内の地場の農家
 さんや取引先さんにも、当店の業績を敢えて知ってもらうと言う事だ。

  それは、地域の口コミで広まり、業績の良いお店として、ますますお客様から
  売れているという認識を持ってもらえる、と言う事。

 その事でのメリット・デメリットを考えると、メリットのほうが高いと思うから。

 そして、その放送をいつも聞いてくれているのが、その地場の農家さんだ。
 その農家さんに、今回は全ておんぶしようと思った。

  「○○さん、10月3日の十五夜の為のすすきを、2日によろしくね。」
   「はい、わかったよ。どのくらい?。」

  「トラック一台!。」
   「わかったよ、でもそんなにお客さんが持ってくの?。」

  「それでも足りないくらいだよ。」
   「売れるお店は違うねぇ~。」

 そんな具合だ。
 もちろん、後でお礼もするのだが。

 今回の十五夜は、前日、当日と天気が不安定だった。
 毎年、当日のみの「すすき」無料配布なのだが、
 今年は、そんな天気予報の為、敢えて前日から「すすき」を配布した。

  理由は、先手を打って、競合店よりも早く配布することにより、
  当日の買物を誘う為、そして、10月の遅い十五夜を喚起する為。

 予想通り、競合店はどこも前日の配布はしていなかった。
 
  「シメシメ」だ。

 しかし、今年は「すすき」のl無料配布の人気も少ない。
 通常ならば、午後には無くなってしまうのだが、4時まで残っていた。

  土曜日という曜日周りもあり、行楽・お出かけメインの十五夜になって
  しまったようだ。

 

|

« “自己評価”私の流儀② | トップページ | 「いわしの日」に想う »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/46413189

この記事へのトラックバック一覧です: 十五夜のすすき:

« “自己評価”私の流儀② | トップページ | 「いわしの日」に想う »