« 下期の予算 | トップページ | 果実の美味しさ »

2009年8月22日 (土)

ステージを変える

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日のブログで「下期予算」を記した。

 その数値達成の為に、下期で具体的に何をするのか?。
 それが、大切だ。
 
 それが的を得ていて、組織として「意志」を入れて実行、継続されて結果が残る。
 予算という数値計画とは、同時に、具体的な実行計画が必ず伴うと言う事。

  いや、伴わなければ、仕事とは言えない。

 だから、毎年、頭を悩ます。
 
  それは、本当に、競合に差別化できるのか?。
  今の現状の組織で、実現可能なのか?。
  だからと言って、やれる事だけ並べて、組織や店舗が成長するのか?。
  と、言っても、不可能を並べて、モチベーションが上がるのか?。

 いろいろな、「組織の力学」 を考えてしまう。

  そして、導き出された結論。
   
  「いま、ステージを変えなくて、いつ変えるのか?。」

 ステージを変える。
 パラダイムを変える、と言う事。

  だんだん難しくなっていくが、要は、見る視点を変える、と言う事だ。
  上期予算の段階では、競合出店で破損した部分の、ほころびを繕っていた。
  だから、どうしても、昨年との比較の中で、修繕がメインだった。

  下期予算では、ほころびに更に厚手の布をかぶせる部分と、
  ほころびの繕いをやめる部分を作ると言う事だ。
  昨年の発想ではなく、未来への発想へ切り替える。
  そして、新たなお客様の創造と取り込み。

 足元を固めなくてどうする!。

  そんな言葉も聞かれそうだが、それは当り前。
  いつまでもそれを言っていれば、進歩は無い。
  同時に、どう展開させるか、だ。

 それを、下期は「先手必勝」で掴んでいく。
 だから、部門から見れば、高い要求になっている。
 
  しかし、このタイミングを逸すれば、二度とチャンスは無い。

 なぜか?。

  この業績と見通し、そして現存の戦力は、このタイミングしか存在しないから。
  いま、やれるときに、やるべき事をする。

   挑戦をする、と言う事だ。

  特に、「果実」「刺身」「牛肉」「生寿司」「インストアベーカリー」での挑戦。
  下期は、ここに特化する。

  そして、お客さまには、どんどん「豊かな生活」を実現していただく。
  その為の、存在として評価を頂くお店つくりをしていく。

   このお店で無ければ、実現出来ない存在価値。
   普段の暮らしを維持しつつ、上記分野を10%から、30%へ拡大させる。

  そんな意識で、取り組もうとする、下期計画。
  いまが、一番、「ワクワク、ドキドキ。」の時期かもしれない。

|

« 下期の予算 | トップページ | 果実の美味しさ »

商売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/45961374

この記事へのトラックバック一覧です: ステージを変える:

« 下期の予算 | トップページ | 果実の美味しさ »