« “仕組みづくり”の本質 | トップページ | キーボード腱鞘炎 »

2009年7月25日 (土)

印象に残るお客様

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


毎日店頭に立っていると、顔見知りのお客様が出来るものだ。

 それは、単独で来られるお客様もいれば、夫婦で来店される方もいる。
 週に数回でも、夫婦で来店されるお客様というのは、ほぼ100%顔見知りだ。

  そのほとんどの方が、午前中の早い時間帯に来店される。
  そして、ご夫婦で、本当に買物を楽しむように、ゆったりと売場を回る。

 「将来、こんな風に、二人で買物したいなぁ~。」

  それほど、仲睦まじく、寄り添って買物をなされる。
  買物というよりも、二人の時間を楽しんでおられるようだ。

 だから、買物に余裕がある。

  二人で、今晩のメニューを考え、材料を選び、試食で味見をし、決める。
  
 面白いのは、ご夫婦で来店されるお客様同士の交流があることだ。

  先日などは、あるご夫婦の旦那さんと、別のご夫婦の奥さんが腕を組んで
  店内を歩いていらっしゃった。

  これもまた、暮らしの余裕。

 地域のスーパーが、地域のお客様に、どんな存在であるか?。

  まずは、安心して食材を購入していただく基本は、当然大切。
  そして、その食材が他店より高くない事も、大切な要因だろう。

 私は、それと同時に、上記のようなご夫婦が来店しやすい環境を重視したい。
 自分も含めて、いずれそうなるからだ。

  毎日の食材を、毎日二人で買い出しに出かける。
  そこで、買い出しという行為を、二人の時間へ昇華させる。
  そんな、存在になれたら、そこが一つの社交場。
  そこで、お店の従業員とともに、人生の一コマを共有する。

 それには、我々従業員の使命感も変えていかねばならない。
 数値目標を達成する使命感だけでは、ご夫婦は寄りつかない。
 
  人生を楽しむ、心の余裕。

 競合に立ち向かい、数値達成を使命づけられ、従業員モチベーションを高め
 更に、心の余裕を持つ。

  しかし、これらは、全て、相反することでは無い。
  全ては、一連の、宇宙の法則。
  全ては、お互いに連鎖している。

 共に、生きていく、という発想。

  ・ ・ ・ ?。

 甘いのだろうか?。

PS
 新潟、巻町MRの写真を載せました。どうぞ。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/makimatimr/

|

« “仕組みづくり”の本質 | トップページ | キーボード腱鞘炎 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/45659306

この記事へのトラックバック一覧です: 印象に残るお客様:

« “仕組みづくり”の本質 | トップページ | キーボード腱鞘炎 »