« 新しい“血”② | トップページ | 今年の“丑の日”動向 »

2009年7月22日 (水)

とことん悩め!

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日のブログで「新しい“血”②」を記した。

 どんどん、新しい血を活かして、展開を変えていく部下達。
 しかし、全ての部下がそうとは限らない。

 新しい環境に対応できないで、“悩んでいる部下”もいる。

  “悩む”

 部下が悩む事は、決して悪い事ではない。
 むしろ、とことん“悩め”と、奨励したい。

  しかし、“何を悩むか” が問題だ。

 自分が今直面している、仕事自体に対しての悩みなら、「とことん悩め」。
 「悩んでいる自分」に対して、嫌気がさして“悩んでいる”のであれば、
 
  それは、本末転倒だ。

 出来ない自分に対して、“悩んで” どうする。
 新しい環境の変化や、新しい仕事に対して、初めから完璧に出来たら
 “経験”など必要ない。
 そして、経験を積んだ先輩社員から受け継ぐものなど何も無い。

  しかし、やはり先輩社員が持つ“経験”と“知恵”に学ぶものは多い。

 だから、出来ない自分に悩むのではなく、
 出来ないから、人ととのコミュニケーションが良くなるのである。

  考えてみると、人も組織も、「悩んで悩んで成長するもの」だ。
  悩まなかったら、そこで「成長」や「進化」は止まってしまう。

  悩み続けるから、どんどん高い頂きへと、人を昇らせるのだ。
  そして組織も、どんどん進化し、競争力をつけていくのだ。

 但し、これだけは言っておきたい。

  「悩んでいる自分を、誇りに思う事。」

 お互いに、この共通認識が無いと、
 
  悩み=自滅

 に陥ってしまう。

  人が崩れていく8割は、自滅からだ。
  人より劣っているとか、能力の問題では、無い。

 全ては、自分の心の持ちようからくる、“自滅” からだ。

  その共通認識をしっかり理解した上で、

  「とことん、悩め。」

 そこからでしか、次のステージは見えてこない。
 そこからでしか、次のアドバイスは言えない。

 そして、そこから、人は自らの成長を開拓するのである。

 

 

|

« 新しい“血”② | トップページ | 今年の“丑の日”動向 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とことん悩め!:

« 新しい“血”② | トップページ | 今年の“丑の日”動向 »