« 大田原MR② | トップページ | ETC取り付け »

2009年7月 7日 (火)

“ピンチ”を“チャンス”に

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今、私のお店での流行語は、“チャンス” だ。

 いろいろな意味での、環境の変化。
 そして、今回の人事異動。

 急激に変わる、という事は、
 それに追随すれば、“波”に乗れる、という事だ。
 逆に、乗れない者もでてくる。

  波に乗れば、波が運んでくれる。
  波に乗れなければ、置いていかれる。

 この差は大きい。

 人事異動で半分以上の人員が入れ替わる部門が続出した。
 だから、チャンスなのだ。

 お店を変えるチャンスだからだ。

  そう、思えるか?、
  ピンチと捉えるか?。

 この差は大きい。

  ピンチと捉えれば、“待ち” の姿勢、“受身” の姿勢になり、後手に回る。
  チャンスととらえれば、“先手必勝” “変化への創造” 先手を打てる。

 この差は大きい。

 あるチーフは、今回を機に、新たな発注分野を担当するという。
 それは、今まで携わってこなかった分野の発注だ。
 そこを極めれば、担当部門の全ての発注を担当したことになる。

 それは、その部門のチーフとしては珍しい事。
 全て担当するまでもなく、チーフ昇格、副店長昇格となっていく。

  今回を機に、新たな分野へ挑戦する。
  そこを、一から積み上げ、マスターしていく。

  ピンチと捉えれば、不得意分野は、誰かに任せる。
  チャンスと捉えるから、果敢に挑戦していく。

 この姿勢こそが、人事異動やその他の変化に対しての分かれ目だろう。
 
  そして、どんどん波に乗っていく人間と、
  ますます、置いていかれる人間の格差が広がっていく。

 全ては、周りの環境が悪いのではなく、
 そのような環境を与えてくださった「神に感謝」なのだ。

  この環境の変化に対して、波に乗って行ける企業、店舗にしていきたい。
  だから、ことあるごとに、この環境に感謝し、「チャンス」として臨む心なのだ。

 私と一年いっしょにやれば、ピンチをチャンスと捉える目線を持ち、
 一年未満の部下には、そこから一つ一つ共に勉強だ。

PS
 大田原エリアのMR写真の載せました。どうぞ。
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/ootawaramrni/

 

|

« 大田原MR② | トップページ | ETC取り付け »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/45486775

この記事へのトラックバック一覧です: “ピンチ”を“チャンス”に:

« 大田原MR② | トップページ | ETC取り付け »