« イノベーションは成功したのか? | トップページ | 今年のGWからの展望 »

2009年5月13日 (水)

新入社員とのコミュニケーションから

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日のブログで「今年の新入社員感想文」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-760c.htmlを記した。

 新入社員の感想文を読んで、もっと新入社員とコミュニケーションを取らねば、
 と思いつつ数日が経過した。

 そして昨日、久し振りに新入社員と膝交えて懇談を持った。

 思えば、彼らとフェイス・トゥ・フェイスで話を持ったのは、入社式以来だ。
 その時は、彼らはリクルートスタイルで、学生気分のまだまだ抜けきれない格好
 だった。

 そして昨日、久し振りに見た彼らの顔つきは、精悍に変化していた。
 私を見る“眼つき”が変化していた。

  目的を持つ人間の眼つきだ。

 たかだか一か月でここまで変化するのか?。感心してしまう。
 そして、特に読書感想文を提出した新入社員ほど、眼つきが真剣だ。

今年の新入社員の読書感想文。

 「まだまだこの本から得るものは無い」。
 そんな感想が特徴の、今回の新入社員の読書感想文だったが、
 そんな本でも、彼らにとって、結果的に得るものは大きかったのだろう。
 
  “仕事に対する考え方”

 それが、変わったと言う事だろう。

 自ら選択した仕事ではあるが、実際に直面して初めて分かる“絶望感”。
 その“絶望感”を払拭するだけの考え方を、この本から学んだのだろう。

 仕事に就いた当初は、何もかもがうまく進まず、自分の力に対しての
 “絶望感”を経験するものだ。
 
 そして、その絶望感から這い上がる術が、今までの人生経験だ。
 しかし、そんな人生経験だけでは整理出来ない絶望感を味わう。

 そこに一服の清涼剤のような、一冊の本に出会うことほど、
 その本人にとって幸せなことはない。

 その出会いをコーディネートすることも、上司の仕事だ。

PS
 宇都宮市街地MRの写真を載せました。どうぞ。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/utunomiyasigaitini/

|

« イノベーションは成功したのか? | トップページ | 今年のGWからの展望 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/44944992

この記事へのトラックバック一覧です: 新入社員とのコミュニケーションから:

« イノベーションは成功したのか? | トップページ | 今年のGWからの展望 »