« パラダイムを変える | トップページ | 任期 »

2009年5月 1日 (金)

“姿勢”が問われる時代

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日は、企業のパラダイム、商売のパラダイムが変わった事を記した。

 そして、今日は個人のパラダイムを変えていくことを記したい。

 従来のパラダイム。

  企業人として、商売人として、いかに結果を残し、企業に貢献するか。
  売上を残せる人材、結果を出せる人材、そして、企業貢献できる人材。

  私もそうだが、特に「結果」にはこだわってきた。
  結果がすべてだとも、思ってきた。
  結果を出すことに、全てをつぎ込み、その後ろ姿を見せてきた。

 しかし、それでも結果が出ない時期がある。

  以前のブログ「“強さ”とは?」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-8070.htmlを記した。
  努力して努力しても、結果が出ない時代。何をよりどころに仕事をするか?。
  心の強さを身につけなければならない時代。

 そして、企業は、組織は、何をもって個人を評価していく時代なのか?。
 ここに、個人のパラダイムが変化したことを物語る。

  「従来は、結果で個人を評価した時代」
  「今後は、姿勢で個人を評価する時代」

 そう、“姿勢” だ。
 仕事に取り組む姿勢。

  動物としての“人間”も、姿勢が良ければ、長生きできる。
  企業人としての“人間”も、姿勢が良ければ、評価される。

 “姿勢” とは?。

  挑戦する姿勢、正面から向き合う姿勢、逃げない姿勢、素直な姿勢等。
  
 結果が出ずとも、失敗すれども、立ち上がり、挑戦し、立ち向かう姿勢。
 そのような思想を、心に強く秘め、何度でも立ち上がる態度の事だ。

  我々の世界では、“成功するまで、やり続ける” ことでもある。

 このような時代。
 従来は、結果に流されて、「仮説・検証」が言葉だけの世界だったが、
 今後は、結果に関わらず、「仮説・検証」を継続し続けた人間だけに、

  明るい未来が、必ず待っている。

 そんな、姿勢が問われる時代が、到来したと言う事だ。

PS
 「妻のステンドグラスⅣ」を載せました。
 今回もオリジナルを中心に、ステンドグラスをお楽しみください。
 http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/sutenndogurasufwo/

|

« パラダイムを変える | トップページ | 任期 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/44829287

この記事へのトラックバック一覧です: “姿勢”が問われる時代:

« パラダイムを変える | トップページ | 任期 »