« 鮮魚の変革 | トップページ | プライベートの功罪 »

2009年4月 1日 (水)

半期に一度の「駅弁まつり」

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


約一月前に、惣菜チーフから声をかけられた。

 「店長、駅弁まつりの計画なんですが?。」

 そうか、半期に一度の駅弁まつり。
 どこでもやっている企画。
 利益の取れない企画。
 年々縮小均衡の企画。

 しかし、私のお店での駅弁まつりの実績は、競合出店後も落ちていない。
 この企画だけで、1000パック、100万の売上だ。
 落とすわけにはいかない。

 そして、本部提案の今回計画も、前年並みの1080パック。
 私は、妥当な計画だと思った。

  後は、事前告知と当日の演出だけだ。

 更に、惣菜チーフが私に聞いてきた。
 「店長、エンドレステープを用意しますか?。」
  「 ・ ・ ・ ?。」

 惣菜に関しては、今年の節分の恵方巻の展開から、
 私の地声でのエンドレステープの吹き込みが好評により、
 次のひな祭りでも、同様のテープに吹き込み売り込みを図った経緯がある。

 「店長のエンドレステープは消さないでとってありますから。
  年間のライブラリーとして、毎年使いましょう。」

 それだけ、自分で聞いていても恥ずかしい内容だった。
 それは、以前のブログ「久しぶりの“美酒”」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-2841.htmlでも記した。

  昨年クリアの数量計画。

 その計画に対して、どんなプロセスを描いて、その計画を実現させるか?。
 それが、お店の醍醐味である。

  お店を入った入口付近の、最高の場所での展開。
  そこに導くまでの、入口自動ドアからの、媒体での案内。
  売場でのカセットテープでの案内。
   この役割は、私の役割だ。如何にお客様に響く言葉を吹き込むか?。
  そして、ここからが問題だ。
  最大の売場は誰でも造れる。
  大切なのは、売り減らししながらの、最終売りきりまでのメンテナンス。
   常に、手をかけ続けなければ、売り切ることは出来ない。

 そして今回も、その全ての流れを通すことが出来た。

  あまりにも「好天」。
  そして、今日からの高速道路1000円。

 午前中からお昼にかけての「駅弁」の動きは、昨年対比80%程度。
 しかし、ここで諦めてはいけない。
 最終実績を売り遂げるまで、手を抜かず、メンテナンスをし続ける。

  それは、前回の節分で学んだ事。

 当初計画ほど、十分な時間をかけて煉った計画だ。
 そこに大きな“ブレ”は無い。
 あるとすれば、そこに至るまでの、現場での行為の“ブレ”だ。

  最後まで「手を抜かず」売り切るための行為。

 いま、現場が忘れかけている、成功の法則だ。

|

« 鮮魚の変革 | トップページ | プライベートの功罪 »

商売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/44463998

この記事へのトラックバック一覧です: 半期に一度の「駅弁まつり」:

« 鮮魚の変革 | トップページ | プライベートの功罪 »