« 販売会議Ⅴ | トップページ | 仕事の流儀からⅦ »

2009年4月22日 (水)

一年遅れの“感想文”

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今年の新入社員を迎え、毎年恒例の“読後感想文”の宿題を課す季節となった。

 いぜんの「新入社員への宿題」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_30a3.htmlでも記したが、私は新入社員が入社
 すると、必ず、

  土井英司(著)の「伝説の社員になれ!」

 を読ませ、読後の感想文を書かせることにしている。
 それは、この本に店長として、私の新入社員に対するメッセージがたくさん
 詰まっているからだ。

 そして、「さて、本はどこかな?」、と探し始めて気がついた。
 「あっ、貸したままだった。」

 昨年6月に、当時2年目社員の社員が人事異動で当店に赴任してきた。
 同期の社員は、すでに一昨年同時期に読書を済ませ、感想文を提出していた。

 よって彼女にも、遅ればせながら本を手渡し、感想文を課した。
 それから、一年。そのまま感想文の提出もなく、一年が経過していたのだ。

  「おい、貸したままの本はどうした?。」

   「あっ、忘れてました。」

  「感想文は書こうが書くまいがどうでもいいから、新入社員に渡すから
  すぐに返却してくれ。」

   「あっ、はい ・ ・ ・ 。」

  彼は、怪訝そうな顔をして、返事をした。

 そして、翌日。

  遅番の彼が、元気よく笑顔で私に近付いてきた。
  「店長、本ありがとうございました。感想文も書きましたので、
  本と一緒に返却します。」

  なにか、吹っ切れたような顔で、私の目を見つめていた。
  
 すぐに、感想文を読んだ。

  「そうだったのか!。」
  
 敢えて、本を貸し、返却を強要したことがよい結果に出たことを知った。

  彼は、私の言葉から、一晩で本を読み(一年前に一度読んでいた)、
  その後、感想分を書いていたのだ。

  昨年に時点で読んだ後には、この本の内容が理解出来なく、著者は別物
  自分には関係ない人種だと思っていたらしい。

  その時点で、彼は目の前の仕事に追われ、とても本に書いてあるような
  考え方にはついていけないと思い込んでいたらしい。

 それから一年。

  私に強要され、読み返した「伝説の社員になれ!」。
  一年前には見えなかった、この本の本質が少し見えてきた。

  それだけ精神的な余裕と、人間的な成長と、仕事の習得が進んだのだろう。
  まだまだ、伝説の社員には程遠いと自覚しているが、先輩社員との違い、
  性別の違いなどを乗り越え、自分の強みは何か?、を引き出そうという発想
  に切り替わってきたらしい。

  そうして、今までの仕事にたいする不満、自分にたいする嫌悪などが、
  再度読み返して、いろいろな“救われる言葉”に巡り合い、心の渇きを
  癒し、命の泉を得て、私に返却したのだ。

  感想文の最後に、この本によっていろいろ勇気づけられる言葉をもらった。
  悩んだときに、また読み返して勇気づけられるために、一冊手にしたいと。

 若い世代から、どんどん本を読んで、自分の幅を広げていってほしい。
 若い読者の皆さん、本は読みすぎて悪いということはありません。

  ぜひ自分の幅を広げ、10年後に大きな組織と人材を率いるリーダーと
  して育っていってください。

|

« 販売会議Ⅴ | トップページ | 仕事の流儀からⅦ »

モチベーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/44667913

この記事へのトラックバック一覧です: 一年遅れの“感想文”:

« 販売会議Ⅴ | トップページ | 仕事の流儀からⅦ »