« 千載一遇のチャンス | トップページ | この“状況”で仕事を楽しむ »

2009年4月16日 (木)

マネジメントを変える

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日のブログで、人材強化へ向けて店長のマネジメントの転換を記した。

 そして、店長のマネジメントの転換は人材育成面だけに止まらない。
 この業績の厳しい事態に、店長のリーダーシップが一番必要とされているのだ。

 業績好調時には、部門責任者に商品面を任せ、店長として、マネジメント面、
 管理面、モチベーション面での後方支援が重要な “店長力” だった。

  この難局を向え、店長の販売面でのリーダーシップが、今一番必要とされ、
  そのリーダーシップから、挑戦していく “販売力” が求められているのだ。

 私が現在の店舗で店長として赴任した際には、業績不振だった。
 そして、店長主導の販売重視の店舗運営に切り替え、
 本部主導から、店舗主導、チーフ主導の販売へ移行し、軌道に乗り始めた。

  販売面が軌道に乗ってくれば、売上拡大に伴い人材不足が慢性化。
  それと同時に、マネジメントを部下のモチベーション管理へ移行させ、
  如何に部下の「心のあるべき姿」を引き出すかが、マネジメントの主体とした。

 そして、今この“難局”を向え、店長として、どう「舵」を切るか?。
 こんな時ほど、更に前を向き、お店として「挑戦」する販売力を得るかだ。

  何から「得る」のか?

 店長自ら、「挑戦」する販売力を発揮するという、エンジンを燃やすかだ。

  店舗の環境に合わせて、店長のマネジメントを転換させる。
  そのタイムリーなマネジメントの転換こそが、店長力の真髄だ。

 環境に合わせて、自らのマネジメントを変えて、戦い抜くこと。
 人間本来の姿であり、それ故人間は成長し生き延びてきた。
 
  そして、我々は、その人間の末裔である。
  自らを変えて成長しなければ、我々の子孫は無い。
  それは、そうしなければ、企業の明日は無いのと同じである。

 更に、自らを変え、マネジメントを転換させ挑戦する姿にこそ、
 店長として、上司として、人間としての魅力になり、
 難局に立ち向かう姿こそが、部下に感動を与え、吸引力が増すのである。

  売場と上司、共に変化し変わっていくから「飽き」が来ない。
  季節が変わり、環境が変わっても、変化せず同じ状態を繰り返したら、
  お客様は飽き、部下も飽き、組織も飽きてくる。

 “自ら変わる”という「姿勢」。
 従来のパラダイム(原理原則)が崩れていく時代に、
 何よりも大切な、リーダーとしての“心構え”だ。

  しかし、自らのマネジメントを変える、と言う事はそう簡単な事ではない。
  この難局を向え、如何に自らのマネジメントを変え、効果を発揮するか。

 それに関しての、「私の流儀」を記していきたいと思う。
 そして、それはまた明日。

PS
 我が家の春の庭花09年を載せました。どうぞ。http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/niwabana09/
 また、昨年の足利フラワーパークの写真です。http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/asikaga_flower/
 今年の足利フラワーパークの「藤」も早まりそうですね。どうぞ。
 また、にゃんにゃんの最新映像もどうぞhttp://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/nyannko33/
 全て、右上のアルバムに収めてあります。

|

« 千載一遇のチャンス | トップページ | この“状況”で仕事を楽しむ »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/44667835

この記事へのトラックバック一覧です: マネジメントを変える:

« 千載一遇のチャンス | トップページ | この“状況”で仕事を楽しむ »