« 読者の方との出会い | トップページ | 採用面接 »

2009年4月13日 (月)

喜連川エリアMR

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、栃木県の喜連川エリアをMRした。

 宇都宮から約20K。温泉も湧いており「喜連川温泉」として知名度が高いが、
 最近は過疎化が進んでいる地域。

まずは、「O社」。

 この企業は、今後「アップグレード店舗」は出店しないという。
 この店舗をMRする前に、宇都宮地区岡村の「アップグレード店舗」をMRした。
 開店間際の慌しい時間帯ではあったが、店内の品揃え進行度は素晴らしく、
 青果の売場完成度は100%に近く、品揃え、クリンリネス、鮮度とも良かった。

  しかし、「アップグレード店舗」の集客力は高まらない。

 なぜか?。

  SMに求められる、「価格」への対応が弱いからだ。
  お客様は、SMに何を期待しているのか?。
  
   「近さ」 「価格」 「品揃え」

  この3項目が満たされない店舗へは、基礎商圏内の店舗でも、選択されない。
  と言う事は、基礎商圏内で品揃えが良くても、価格感度の低いお店への支持
  は無い、と言う事だ。

   それはまた、「逆も真なり」だ。

  近くにあり、価格感度も高い店舗であるが、品揃えの悪さゆえ、商圏内のお客
  様でさえ集客出来ない場合も多々ある。

   「近さ」 「価格」 「品揃え」

  この三要素は、われわれの業界では、全てがバランスよく高いレベルで達成
  されていなければならない、と言う事だ。

次は「L社」。

 福島県会津若松市に本拠を置く企業。
 しかし、広範囲に手を広げすぎた。

 マネジメントが及ばない店舗は、もはや「チェーンストア」とは言えない。
 チェーンストアでない同志の戦いは、個店同志の戦い。
 個店どうしの戦いは、店長力どうしの戦い。

 個店力、店長力まで突き詰めれば、このお店と至近距離にある「S社」
 に軍配があがる。
 店長力の差が歴然だ。

  それだけ、本部から遠方の企業ほど、マネジメントが及ばない距離とは
  致命的な問題なのだろう。


PS
 喜連川エリアのMR写真を載せました。どうぞhttp://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/kirutegawa/


 

|

« 読者の方との出会い | トップページ | 採用面接 »

競合店」カテゴリの記事

コメント

9ちゃん、いつも長々とコメントありがとうございます。

私のブログでのキーワードを使って解説いただきありがとうございます。
おかげさまで、よく理解できました。

「ライフワークバランス」

人生の究極の目標が、このバランスなんでしょうね。
女房に迷惑をかけ続けて初めて、このバランス感覚が身に付くのだと、9ちゃんのコメントから理解できました。
今後とも、よろしくお願いいたします。 

投稿: てっちゃん | 2009年4月14日 (火) 00時46分

こんにちは。今日も長々とコメントします。
先日の「ライフ・ワーク・バランス」の件です。

「L・W・B」=「仕事と生活の調和」と訳され現在は政府をはじめ各業界・各方面で取り組みがなされています。

「国民一人一人がやりがいと充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに家庭や地域生活などにおいても子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指すようです。


私は「共に人生を歩む家族がそれぞれの価値観を認め合い、尊敬し合える環境を整えて人生を豊にするために今をその場全力で生き抜く」ことだと思っています。
年代や個人の価値観によって仕事・家族・趣味…と重視する項目が違うのは当然と思いますでもバランスは常に大切なんだと思います

今のてっちゃんが「オン」の人生を送っていられるのはその価値観を認めている奥さんのおかげで、その奥さんの尻にあまんじて敷かれているてちゃんの「姿勢」が素敵なんですよ(^^)

投稿: 9ちゃん | 2009年4月13日 (月) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喜連川エリアMR:

« 読者の方との出会い | トップページ | 採用面接 »