« 退職 Ⅳ | トップページ | 鮮魚の変革 »

2009年3月30日 (月)

数値を伸ばし続ける要因

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


WBCの決勝があった日に、月に一度の店長会があった。

 その後、WBCの祝勝会も兼ねた懇親会があった。 
 そして、その場で話題になったのが、「数値を伸ばし続ける人間と仕事の仕方」。

 我々の世界で、よく信じられている言葉。
  「基本を継続してやり続けられる人間は、結果として数値がついてくる。」
  「一品一品を大切に商品化を追求すれば、その積み重ねが結果になる。」

  しかし、現実はどうか?。

 必ずしも上記の通りの結果とはならない。
 そして、現実には、どんなことが起きているかと言えば、
 売り場が多少荒れていても、商品化が多少雑でも、多少欠品があっても、
 数値は人についてくる、というものだ。

  何が、人をして、数値の明暗を分けるのか?。

 本部から評価される商品化、評価される売り場造り、評価される部下教育。
 しかし、そのこととは別に、数値結果は個人についてくる。

  結果を残す人間ほど、商品を絞らない、欠落させない、売場を貧弱にしない。
  そして、アイテムのSKUをしっかりと広げて、ロスを怖がらない売場造りをする。

 我が社にも、数値を伸ばし続ける人間がいるが、要因は上記の通りだ。

  商品を絞らない、欠落させない、売り場を貧弱にしない。

 そして、そんな人間は、どのお店に行っても、数値を伸ばし続ける。

  要は、結果を残すのである。

 しかし、結果を残しても、その本人が評価されるかされないかは別物だ。
 商品を絞らずに、拡大し続ければ、いずれ品揃えが破たんする。
 際限の無い拡大などあり得ない。
 いずれは、品揃えは頭打ちとなり、
 いずれは、人員が不足してくる。

  そして、人員を増員し手間をかけても、ロスが増大し、利益を圧迫する。

 そう、思われているかだら。
 しかし、果たして、そうなのか?。

  それは、何とも言えない。
  それが、事実だ。

 我が社で、数値を伸ばし続ける人間を、何人か見てきたが、
 すべて、上記の要因を兼ね備えている。

  そして、その全ての人間に共通していることは、
   「商品を絞り込まない」 「欠落させない」 「売場が貧弱でない」。
   そして、どんどん売り場を拡大させ、定番以外でも商品を売り込む。

  さらに、共通して言えることは、
   「本部から評価されない」 「その部門以上の売り場を任せられない。」

  要は、自分の勝ちパターンを熟知しており、先が見えるのである。
  お客様目線で評価の高い売り場造りを、コーディネイトできているのだ。
  更に先が見えるから、上司や本部の話を聞かない、守れない。

 本部が推進させたい“標準化”。
 “標準化”の枠に収まらない実力者。

  そんな実力者は、出世からは縁遠い。
  しかし、彼ら(彼女ら)は妥協せず、自ら信じた道を突き進む。

|

« 退職 Ⅳ | トップページ | 鮮魚の変革 »

商売」カテゴリの記事

コメント

かおるさん、コメントありがとうございます。

商売人の資質を保ちつつ、組織人として活躍する。
サラリーマンとしての憧れですが、なかなか両立しないものですね。
でも、組織人として商売人の仕事を盗むことはいくらでも出来ます。
商売を盗む。そして横に広げる。我々組織人の本来の仕事だと思います。
また、コメントください。

投稿: てっちゃん | 2009年4月 1日 (水) 08時19分

かおるです。
「数値は人についてくる」全くそのとおりです。日頃現場の担当者と接していて、またこれまでの自分のキャリアを振り返って、何となく抱いていた違和感(?)がすっと落ちた感じです。彼らに共通する事柄もそのとおり。よく社内で「商売人」と評される人たち。自分はこの才覚が全くなく一生懸命考えて作った実績を後任の「商売人」に難なくクリアされずいぶん悔しい思いをしたっけ。

投稿: かおる | 2009年4月 1日 (水) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/44314696

この記事へのトラックバック一覧です: 数値を伸ばし続ける要因:

« 退職 Ⅳ | トップページ | 鮮魚の変革 »