« 販売会議Ⅲ | トップページ | 今年のトレードショーから »

2009年2月15日 (日)

来期の店舗方針

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


経営方針会議も終わり、いよいよ、店舗方針を具体化させる時期だ。

 前回のブログ「経営方針会議」でも記したが、各部、各店の方針を現場で
 アクションにつながる具体的行動計画に翻訳され、歯車としてがっちり噛み合う
 ように、ひとりひとりの「意志」を持てるところまで噛み砕く作業が待っている。

 経営方針会議に持ち寄った、自店の店舗方針は、各部チーフへのアンケート
 から情報を集め、あがってきた自社、自店の弱点や今年の強化点も一部取り込
 んでいる。

  それによって、店舗方針が、自分達の方針であるとの共有意識を持ってもらう
  為だ。

 そして、いよいよ、具体的行動計画への翻訳。
 今回も、各部チーフの自部門での行動計画の作成が待っている。

 但し、それに先立ち、各チーフへ、経営方針会議の詳細を説明し、我が社の
 トップからの経営方針の流れを受けた販売部、店舗の経営方針をみっちり説明
 し、更には、トップが合間合間に入れたコメントもまとめて記載し説明した。

 トップがいろいろな場面で発するコメントも非常に大切であり、これは、全体基調
 の冊子に載っている方針以上に、店舗でへ伝えるべき詳細が詰まっている。

 更に、商品部の今年度方針、各部方針を、各チーフへみっちり説明した。
 昨年までは、店長の私が主導で店舗経営方針、更に具体的実行計画立案して
 いてが、今年からは、各部チーフの仕事とした。

  その為に、経営方針会議の全ての流れを部下に伝えた。

 当然だ。あらゆる情報をインプットし、その中から、自らの具体策を見つけ出さ
 無ければ片手落ちだ。

 そして、全体的な情報から自らの部門の具体的な計画を立案するから、自らの
 意志が働き、直接的で有効な歯車として噛み合った実行計画が出来上がる。

 次回店長会では、その具体的な実行計画の確認会となる。

  そして、今年の企業のテーマは「革新」だ。
  私は、その革新を、基本の徹底不足を徹底させることへの革新ととらえた。

  新たなことへの挑戦でもあるが、それ以前に、基本を再度撤退すること。
  何があっても、基本を鍛え上げる。その為に従来のやり方を捨て、挑戦する。

 それを、部下と共に、作り上げていくのである。

|

« 販売会議Ⅲ | トップページ | 今年のトレードショーから »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

9ちゃん、その通りですね。
まったく、その通りだ。
共に、戦う知識集団を、パートさんを巻き込んで築いていきましょう。
また、コメントください。

投稿: てっちゃん | 2009年2月16日 (月) 23時18分

企業内翻訳
情報を共有するには一人一人が理解することが重要と思う。伝える人それぞれのレベルに合わせた言葉・・・まさに翻訳
リーダーの思い・方向性をきちんと伝えた後はやらせてみる、やらせて貰えるから考える集団が生まれる。考えることがどんなに重要なことか理解することが大切。小さな組織が大きな組織に勝つためには・・・
今こそ「戦う知識集団」になろう!

投稿: 9ちゃん | 2009年2月16日 (月) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/44015601

この記事へのトラックバック一覧です: 来期の店舗方針:

« 販売会議Ⅲ | トップページ | 今年のトレードショーから »