« “店長力”私の流儀 | トップページ | 久しぶりの“美酒” »

2009年2月 3日 (火)

原理原則と意志

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


店長として、“原理原則”を強化しようとする。
 そして、本部からの指示命令を “原理原則” として優先する。

 “原理原則”とは、なんだ?。

 ここ数日間、ブログので出しに、○○ってなんだ?、という問いかけが多い。
 今日も、そんなで出しだ。

 “原理原則” とは、従来からの法則、常識だ、と言う事。
 何も意志を加えなければ、それが一番確立の高い施策だと言う事だ。

 だから、企業は一番確立の高い施策を実施し、数値効果を高めようとする。
 原理原則とは、上記のように、あくまでも従来の法則や常識だと言う事。

 この原理原則の法則を習得するのも大切な成長であり、企業人として外せない。

  しかし、

 私は、原理原則にとらわれず、目の前の現状を見つめ、意志を入れろ、と言う。
 
  “意志”

 それは、原理原則の法則を簡単に吹き飛ばすだけの、圧倒的なパワーを有する。
 
  人の、“意志” 。
 
 目には見えないが、ここに秘めるパワーは、計り知れない。

 結果とは、一言で言えば、人の“意志”の表れにすぎない。
 だから、意志が強ければ、結果も現れ、意思が弱ければ、結果も出ない。
 これもある意味、“原理原則” と言うものだ。

 強い“意志”を持って事に当たれば、結果に執着し行動する。
 意志が無ければ、結果に執着する行動はとらない。
 結果として、結果は出ない。

 意志がないのであれば、“原理原則” を優先する。
 強い意志があるのであれば、“原理原則” を参考に進める。

 全て、それで、結果が出るのか?。
 出ないときもある。

  上司や店長の存在感が際立つのは、そんな時なのだろう。

 強い意志を持って、事に臨む、とは?。
 それだけ、ただでは起き上がらないという “覚悟” を持つことだ。

  それは、成功し続けるまで、やり続ける、という反省でもあるし、
  それは、やり方を変え、工夫して、リ・チャレンジするという反省でもあるし、
  それは、“原理原則” に戻る、という反省でもある。

 いずれにせよ、意志を持った人間だけが得られる “結果” が残るものだ。

|

« “店長力”私の流儀 | トップページ | 久しぶりの“美酒” »

モチベーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/43837279

この記事へのトラックバック一覧です: 原理原則と意志:

« “店長力”私の流儀 | トップページ | 久しぶりの“美酒” »