« 突然の“挨拶” | トップページ | 年末・年始を終えて »

2009年1月 4日 (日)

グロサリーからのSOS

皆さん、こんにちは。
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日、グロサリーチーフから連絡を受けた。
 
 「店長、今日の入荷はすごいです。」
  「何が、すごい?。」

 「えっ、入荷量がすごいんです。台車で42台もあるんです。」
  「なぜ?。」

 「年末未入荷分と、年始分の住居、菓子、酒が一気に入荷します。」
  「47台とは、年末以上の入荷量だな。」

 「とても、グロサリーだけではさばき切れません。」
  「わかった、なんとかしよう。グロサリーも気合を入れて動け。」

 黙っていたら、夜中になってしまう。
 気持ちを奮い立たせて、各部に協力のお願いをした。

  まず、レジ部門。3名~4名の援助を頂いた。
  そして、惣菜。今日は各部から生寿司の援助として、都合4名の援助者を
  入れていたが、そのうち目処がつき次第、グロサリーの品出しへのお願い。

   そして、私も援助に入った。
   余計な事は考えず、とにかく品出しだ。

  住居の商品が多かった。
  私の苦手な部門。

 なぜか?
 
  品揃えが細かく、どこに何があるのか、分からないから。
  要は、自ら、近づいていないだけの事。

 しかし、今日は、そんな事は言っていられない。
 片っ端から、品出しをしていく。

 途中で、グロサリーチーフが私の側を通った。

  「店長も、品出しありがとうございます。」
   「何を言っている。そんな気持ちがあったら、コーヒーの一杯でもおごれ。」

  「私は、店長ほどの高価なコーヒーは飲んでいないので(笑)。」

 以前のブログ「月曜日 私の流儀」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-c269.htmlでも記したが、私はいつも、
 ドリップコーヒーを飲んでいるので、そう言ったのだろう。

  しかし、その一言が嬉しい。

 自分で解決できない問題を、上司に相談する。
 相談された上司は、何とかして、それに対して、支援する。
 支援され、解決したら、そのことに対して、感謝する。
 感謝されたら、やっぱり嬉しい。次回もまたやってやろうと思う。

 自分でお客様に提案したい売場を、部下に相談する。
 相談された部下は、その提案から、なんとかお客様に対して実現したいと思う。
 発注担当者と打ち合わせをして、発注し、売場を実現させる。
 実現した売場を見て、自らも手を加え、お客様と共に評価する。
 評価された部下は、また次も、がんばろうと思う。

  上司と部下。それぞれの役割をもって、評価し、評価される。
  そこに、一番の “仕事へのやりがい” が生まれる。

|

« 突然の“挨拶” | トップページ | 年末・年始を終えて »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/43629842

この記事へのトラックバック一覧です: グロサリーからのSOS:

« 突然の“挨拶” | トップページ | 年末・年始を終えて »