« 年末商戦を迎えて | トップページ | 新年を迎えて »

2008年12月30日 (火)

今年を振り返って

皆さん、こんにちは。
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今年もまた、過ぎようとしている。

 私にとって、今年と言う年は、どんな年だったのか?

  転職して3年。
  この会社で4度目の年末だ。
  そして、同じ店舗での年末。

  概ね、この地域のお客様のクリスマスから年末にかけての暮らしは、
  なんとなく見えてきたのかな、といった感じだ。

  そして、毎年、この時期に同じ作業を繰り返す。
  デイリーのおせちの管理。
  そして、31日に年越しそばの部門合同展開の設置と実施。
  更に、今年は、「鏡餅」と「しめ縄飾り」の管理も行った。
  
  この時期にしか取り扱わない商材が、私の担当分野。
  しかし、それもいずれ明け渡す時期が来ているのも知れない。

思えば、今年は、私にとって、いろいろな出来事があった。

  年が明けて、2月の12日に、このブログを始めた。
  理由はひとつ、
   孤独な店長職を語り合える全国の仲間との共有を図りたかったから。

  そして、店舗改装。
  さらに、競合出店。

  その間に、いろいろな人材が人事異動により、流出していった。
  私が、このお店に赴任して以来、助けてくれた人材たちだ。
  そして、新たな人材との付き合いが始まり、共同作業が繰り返される。

  そういう意味では、人事異動あり、ブログあり、競合出店ありでの
  新たな出会いの連続だった。

  そして、新たな出会いによる、成長の機会も増加した。
  更には、ブログを通して、自らの表現力も向上したのではないか、と思う。

  それが、相乗効果となって、自らの店長職へも効果として波及している。

来年は、どんな年になるのだろう?。

 今年のクリスマス、年末の動向を見ると、従来の暮らしから大きく曲がり角に
 差し掛かっていることは、確実だ。

 その、暮らしの変化という “流れ” に乗り遅れるわけには、いかない。
 来年は、まさに、暮らしの変化の波が想像を絶する高さでやってくるハズだ。

 その一歩先行く対応ができるかだ。
 そのことについて、間違いなく、自らを奮い立たせる機会にめぐり合うはずだ。

  それを、チャンスととらえるか、ピンチととらえるか。
  全ては、考え方次第だ。

  来年は、チャンスしか、有り得ないのである。

|

« 年末商戦を迎えて | トップページ | 新年を迎えて »

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/43446253

この記事へのトラックバック一覧です: 今年を振り返って:

« 年末商戦を迎えて | トップページ | 新年を迎えて »