« 今年最後の店長会 | トップページ | 教育の時間 »

2008年12月24日 (水)

来年の手帳

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、娘にお願いして、来年の手帳を買ってきてもらった。

 毎年のことだが、私の手帳は “手作り” なのだ。
 
 以前の会社で、私は「労働組合」の幹部をしていた。
 そこから、幹部対象の研修会のお誘いがあった。
 以前の仲間との交流と、転職して一年後のもやもやもあって、自腹で参加した。

 その労働組合がお世話になっていた、コンサルタントの先生とも久しぶりにお会
 いし、いろいろと現企業のお話しもさせていただいた。

 そのとき、その先生が私に言った。
  「あなたは、今現状、あなた本来の姿を見せていないですね?。」
   「えっ、どうしてわかるのですか?。」

  「あなたの今回の研修会の参加振りでわかりますよ。」
  「でも、それは当然なのです。転職して、すぐ自分を出せる人間などいない。」
  「現状で通じる “言葉” を見つけるのに時間はかかりますよ。」
  「それが、見えてくれば、以前のように、ガンガンいけるようになりますよ。」

 そんな会話をして頂き、ふっきれた思い出がある。

 そのときに、その研修会の参加の記念に頂いた手帳があった。
 黒皮で、ネーム入りの手帳だった。

 一年で終わる手帳だったので、翌年から、表紙の黒皮だけを残して、中身は
 安いタイプの手帳を購入し、中身だけ両面テープで固定して、毎年使用している。

  だから、黒皮の表紙は、毎年2006年の文字が刻印してあるのだ。

 そして、今年も、来年の手帳を、手作りで作る時期が来たわけだ。

 その黒皮の手帳は肌触りが良く、手にするとしっくりいく。やはり良いものはいい。
 そして、何より、その手帳を手にすると、あの時のコンサルタントの方の、
 私を勇気付ける言葉を思い出し、気持ちを奮い立たせてくれるのである。



 

|

« 今年最後の店長会 | トップページ | 教育の時間 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/43446243

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の手帳:

« 今年最後の店長会 | トップページ | 教育の時間 »