« 最近のクレーム | トップページ | 黒磯エリアMR »

2008年12月13日 (土)

飲み会Ⅱ

皆さん、こんにちは。
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、販売会議の後に、恒例の飲み会があった。

 前回のブログ「飲み会」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-65b5.htmlを記したが、その続編だ。

 前回の飲み会から2ヶ月、ようやく夜の時間調整が、各店長間でつけられた。
 今回は、私のお店の副店長もよんだ。都合よく休日だったため、時間ができた。

話題はいろいろだ。

 仕事であり、家庭であり、住まいであり、競合であり、だ。

 普段の仕事では見せない、家庭での存在。女房との関係など。
 ある店長は、厳しさで有名だが、家庭では共稼ぎの為、炊事洗濯もやっている。
 また、ある店長は、女房がいない隙に、冷蔵庫の整理(廃棄)をすると、言う。

 仕事の「顔」、家庭の「顔」、居住地での「顔」、等々。
 私が見ている彼らの「顔」も、ごく一部の「顔」なのだろう。
 お互いの「顔」が、お互いに影響しあい、バランスの取れた「顔」に仕上がっていく。
 そうして、いつの間にか、急激に成長し、仕事での成果が実ってくる。

また、今回も、労働時間に関する話題が出てきた。

 生鮮の早出の問題。
 ベテラン組の労働時間改善の問題。
 若手の仕事への割り切りの問題。

 この問題も、店長が、
  “諦めるか” “諦めないか” だけだ。

 時間に縛られず、仕事を習得するという「態度」。
 時間管理という発想から、仕事をスケジューリングしていく「技術」。
 そして、それに対して、店長としてどう関わるか、という「姿勢」。

 それらを通して、店長が「態度」「技術」「姿勢」が、同じ土俵の上の問題なのだ
 という真実を理解していくことが大切だ。

そんな話題を、気兼ねなく言い合える同僚の存在。

 とかく店長は孤独になりがちなもの。
 今の自分のスタンスが、まわりの店長との会話から推し量っていく。
 そんな自らの、立ち居地の確認も、時として必要なのだろう。

 そしてうちの副店長も、経営トップや店長連中との会話から、自らの立ち居地の
 すりあわせができたろう、と思う。
 こういう連中と、同じ空気を吸う、同じリズムを打つ、同じバランスに立つ、
 そのような経験が、将来の店長としての大切な独立心を醸成するのである。


右上のアルバムに、毎週日曜恒例の「にゃんにゃん」の写真集を載せました。

 今週も、家の中での療養中の写真です。
 ドリブルも達者になり、力加減も分かってきたようです。

 更に、リラくま君といっしょにくつろぐにゃんにゃんもどうぞ。

右上のアルバムPS
 にゃんにゃんの最新の写真http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/nyannko24/を載せました。どうぞご覧ください。

|

« 最近のクレーム | トップページ | 黒磯エリアMR »

モチベーション」カテゴリの記事

コメント

KEINさん、本当にお久しぶりですね。
生きていてよかった(失礼!)。
 ⇒いつも睡眠時間を削ってでも楽しみに拝  見させていただいています。
うれしいコメントです。ありがとうございます。
普段のルーティン業務の精度を上げながら、お客様のロイヤリティーを向上させていくことも大切ですが、お店の全員が同じ目的に向かってイベントに取り組むことも大切。
その後のチームのモチベーションの高まりは言語に絶しますよね。
見学された方々の事はどうでもいいのです。見学される側が真剣に取り組んだ分だけ、現場力が上がるのです。
また、コメントください。ありがとうございます。

投稿: てっちゃん | 2008年12月15日 (月) 23時17分

お久しぶりでございます。いつも睡眠時間を削ってでも楽しみに拝見させていただいています。

副店長になってはや8ヶ月半。仕事を覚えれば覚えれるほど、仕事やチェックするべき事が増えていく毎日です。
 先日、見学会が自店であり準備にてんてこまいの一週間でした。しかし改装や見学会があるとすごく勉強になりますのでしんどいですが、良い機会でした。もっとも見学された方が勉強になったかどうかは?ですが・・・

投稿: KEIN | 2008年12月15日 (月) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/43365269

この記事へのトラックバック一覧です: 飲み会Ⅱ:

« 最近のクレーム | トップページ | 黒磯エリアMR »