« 店舗の照明 私の流儀 | トップページ | クリスマスケーキの予約効果 »

2008年11月20日 (木)

トップエンド展開 私の流儀

皆さん、こんにちは。
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


どのお店にもあると思うが、私のお店にも、“トップエンド” なるものがある。

 グロサリー部門の “エンド” であるが、お店の入口正面で、
 お客様を受け止める、青果の隣のグロサリーエンドである。

 ここも、基本的には、店長の売場である。
 本来はグロサリーエンドであるが、いつの頃か店長管轄の季節エンドになった。

 この売場は、基本的には、年間で展開計画が決まっている。
 年間52週の季節やイベントをとらえ、今後一ヶ月の季節を提案している。

 そんな目的の売場なので、従来の縦割りの売場造りはしていない。

  つい先日までは、鍋の合同展開だった。
  食品中心に、鍋スープや、くずきり、凍み豆腐、鍋焼きラーメン
  そして、ここの売場の真ん中では、青果の「白菜」が展開されていた。

  そして、最近はクリスマスブーツを中心にした、クリスマス関連。
  更に、昨日からは、「ボージョレーヌーボー」の展開。
  もちろん、お酒コーナーの媒体を取り付け、しっかり酒類販売の媒体取り付け。

  ここで一週間「ボージョレーヌーボー」を販売した後、またクリスマスへ変更。
  そして、12月24日夜から、「鏡餅」の展開。
  最後の12月30日夕方からは、乾そばの展開。

 そんな具合で、昨年の実績から、今年は更に修正され、企画される。
 そして、上記の通り、部門にもこだわらず、期間にもこだわらない。
 だから、一ヶ月続く場合もあれば、4日で変更される場合もある。
 
  特に、この時期からの展開と変化は早い。

 季節の暮らしから、イベントの暮らしへ大きく変化する時期だから。

  特に、夏から秋へ季節が変わり、“洋” から、“和” へ食材が変化。
  更に、ボージョレーヌーボーの発売を機に、再度 “洋” へ変化する。
  そして、12月末に再度、大きく “和” へと変化する。

 また、12月24日以降、日々、食材の変化がダイナミックに変化する。
 
  同じクリスマス、同じ年末でも、日々、変化する。
  
 だから、ここから先は、日々売場も変化させる。
 変化しなくても、そういう意識が大切だ。

 そんな「意図」を持つ売場の為、ここのテーマが、お店全体のテーマポスター
 を決める。

 ここの売場の変化に応じて、お店が「クリスマス」になり、「おせち」になり、
 更には「年越しそば」になる。
 
 だから、ここの売場がお店のテーマを決める大切な売場となる。
 販売計画の面でも、お店の大切な「柱」だ。
 
 そして、その柱を、もっとたくさんの従業員と共有していきたいと思っている。

PS
 右上のアルバムhttp://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/nyannko20/に、最新のにゃンにゃんの写真を載せました。どうぞ。 

|

« 店舗の照明 私の流儀 | トップページ | クリスマスケーキの予約効果 »

商売」カテゴリの記事

コメント

店長さん、コメントありがとうございます。バイブルにしていただき嬉しく思います。

お店の提案を決めるグロエンドは入口にあります。食品のくくりから離れている為、グロサリー部門でも、テーマに困っています。
だから、店長管轄で、入店されたお客様へ、お店の“顔”を造っていく事にしました。

私も店長になりたての頃は、右も左もわからず、いろんな意味で、孤独になりました。
いつでも、コメントください。

投稿: てっちゃん | 2008年11月23日 (日) 06時59分

はじめまして、最近ですが、バイブルにしてもらっています。店長になって、4ヶ月の、悪戦苦闘しております。質問します、そのグロエンドは入り口にあるのですか?奥ですか?うちの店には鮮魚の前が、一番エンドなので。

投稿: 店長 | 2008年11月23日 (日) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/43121890

この記事へのトラックバック一覧です: トップエンド展開 私の流儀:

« 店舗の照明 私の流儀 | トップページ | クリスマスケーキの予約効果 »