« 成長原則 私の流儀 | トップページ | 競合店幹部の来店 »

2008年11月25日 (火)

副店長の迷いⅡ

皆さん、こんにちは。
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、休日にて自宅にいると、お店から電話だった。

 副店長からのコミュニケ。
 
 一通りの内容が済んだ後、
  ふと、副店長が独り言のように言った。
  「いや~、店長。今日も、何しに来たのかわかりませんでした。」、と。

 私は感じた。
  「相当、悩んでいるな。」

 以前のブログ「副店長の迷い」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_ab6b.htmlを記したが、今の彼は、
 まったくその状態にある。

 部門で活躍した人間ほど、副店長としての仕事への不満は多い。

  店長ほど、決定権が無い。
  部門ほど、商品が無い。

  中途半端で、商売の実感が無い。
  あるのは、お店の雑用係的な、誰でも出来る仕事。
  しかし、他にやる人間がいない。

  そういう時代を、ジュクジュクと過ごすのである。

 しかし、この時期の“充電”の仕方で、その後の活躍の明暗が分かれる。

  一番大切なことは、この時期に、“目線” を切り替えられるかどうかだ。

  販売側の “目線” のままで進化出来ないのか、
  お客様の “目線” に切り替え、大きくなれるか。

 そして、更に次のことを、問われるのである。

  サラリーマンとして、上の指示に従い、自らを保身していくのか?
  経営者として、自ら考え、自ら答えを持ち、自ら行動するのか?  

 この段階で、人間としての “選択” を問われるのである。
 答えの無い、この段階での、自らの選択。

  ここで、自らを厳しい道へ、自ら選択し、自ら歩めるかどうか?

 だから、副店長の時代に、一番大切な、“姿勢” とは?

  「私が店長だったら、こう考え、行動する、という自らの“答え”を持つこと。」
  そして、常に、その答えを持って、店長と接し、店長の呼吸を感じること。

 それを、常に心がけて、仕事をしていくことが大切。
 これが、意外と、難しいし、疲れる。
 
  そう、これは、疲れるのである。
  店長と同じ呼吸をする、これが、疲れるのだ。
  今までに、経験が無いほどに、疲れるのだ。

 だから、この時期に成長するのである。
 そして、その道を歩むという、“覚悟” が身につくのである。

PS 
 一昨日のブログで「宇都宮“細谷戦争”」を記しています。
 右上のアルバムhttp://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/hosoyasennsou/でどうぞ
 

|

« 成長原則 私の流儀 | トップページ | 競合店幹部の来店 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/43164581

この記事へのトラックバック一覧です: 副店長の迷いⅡ:

« 成長原則 私の流儀 | トップページ | 競合店幹部の来店 »