« トップエンド展開 私の流儀 | トップページ | マイ・ブーム⑰ »

2008年11月21日 (金)

クリスマスケーキの予約効果

皆さん、こんにちは。
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


クリスマス商戦へ向けての、最大の販売促進
 
 それは、クリスマスケーキの予約活動だ。

 ケーキを予約すれば、そのまま食材も購入していただける。
 一昔前から言い続けられている、最大の販促行為。

 私も、かっては、取引先をまわり、100個200個の予約獲得をしていた。
 そうやって、地域のお客様への予約という、本来の姿から離れ、
 数値達成の為の、個数獲得目的にすり替わり、販促効果が薄らいでいった。

  更に、最近のお客様の、クリスマスの過ごし方の変化。

 特に、ケーキに関しては、オンリーワンのマイ・ケーキの増加。

 別に、綺麗である必要はない。手作りで、皆で参加したことが大切なケーキ。
 また、高くても、有名なシェフの手作りで、それだけは贅沢をするというケーキ。
 我々が予約を獲得しようとするパンフレットへの需要がだんだん薄らいできてい
 る。
 
  「本当に、クリスマスケーキの予約獲得が、最大の販促行為なのか?。」

 最近の、私の、疑問である。

  悩んだら、お客様の豊かな暮らし、へ帰る。

 私の、問題解決の流儀である。

  「クリスマスでの、豊かな暮らしの提案」。

 これが、私の、今年のクリスマスに関しての、テーマ。
 クリスマスケーキの予約数に重きを置いた販促計画から
 ケーキの販売を一切考えない、商品提案を一から積み上げていくこと。

  手作りケーキ、食材、子供中心の楽しみ、ライブ販売、平日の一家団欒。
  今年の24日は、ただの水曜日。
  一番弱い曜日。
  だからこそ、平日に強い地域スーパーの出番といえる。

 クリスマスケーキの予約活動は、当然、全力で取り組む。
 しかし、それだけで終わらない。

 その為に、今年の24日の、デイリーの平台24尺は、私がもらう。
 上記テーマでの部門合同展開を大胆に実現させていく。
 そして、そのテーマを成功させるために、今から、手を打つ。

 部門合同展開に関しては、以前のブログ「部門合同展開」
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_305c.htmlを記した。
 以前から、部門合同展開に関しては、いろいろと取り組んできている。

  今年は、豪華さや、派手さ、更には100%出来合いの風潮は避けるだろう。

  地味に、慎ましく、半分出来合いで半分手作り、参加して楽しむクリスマス。  
  コストはかからないが、記憶に残るクリスマスを楽しもう!。そんな風潮だ。
 
 それを具体的に、販売計画に落とし込む。
 いろいろな情報、内部情報、パートさんの暮らしの意見から、
 今年の、24尺の店長の売場が、今から楽しみである。

PS
 右上のアルバムhttp://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/photos/nyannko20/に、最新のにゃンにゃんの写真を載せました。どうぞ。 

|

« トップエンド展開 私の流儀 | トップページ | マイ・ブーム⑰ »

商売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/43121964

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスケーキの予約効果:

« トップエンド展開 私の流儀 | トップページ | マイ・ブーム⑰ »