« マイ・ブーム⑭ | トップページ | 真岡地区MR »

2008年11月 2日 (日)

11月へ向けて

皆さん、こんにちは。
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


いよいよ、11月。

 12月、年末の数値を占う、最終商戦。

 11月という期間は、あまり意識をしない月間だが、この月間の数値で、12月、
  年末の数値が決まる。私は、今までの経験から、そう信じている。

なぜか?

 お客様は、年末の暮らしの買い回りを、どこかの段階で決定する。
 その、「タイミング」が、11月だ。

  だから、11月の商売が非常に大切。
 
 11月の月間の数値が、そのまま年末期間の数値へ引き継がれる。

 これは、以前のブログ「ひな祭り動向(2)」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_83e7.htmlで記したが、お店とお客様との信頼関係
 により、イベントの集客と売上は決定するもの。

 だから、突然、イベント時に力を入れた売場を造っても後の祭り。
 お客様の普段の売場から、イベント時の買い回りを決めている。

  その決定が、11月だと言う事。

 そういう意味で、11月は、年末に売り込む商材を意識しつつ、普段の強化を
 更に意識して、お客様と戦っていく時期。

 そして、つい昨日のことのように思い出される「お盆」から、何を学び、何を捨て、
 何に取り組むのか?。

  お盆の反省。

 それは、捨てるものと、継続するもの、そして、新たな挑戦。

 この方向性を明確に打ち出し、より明確に実現させなければ、ビッグチャンス
 は物に出来ないと言うことだ。

今年の「クリスマス」は、グロサリーチーフから平台2本(23尺)を借り切った。

 そして、24日のクリスマス当日は、ご馳走を大胆に集合させた部門合同展開
 を計画。

 部門の縦割りに固執せず、店長でなければ実現できないお店としてのクリスマ
 スを実現させる。

  その興奮を、更に続く年末へつなげる。
  その為に、11月は、そのつなぎとしての月間ととらえる。

 元旦を迎えて、12月商戦の反省をするのではない。
 11月を迎えて、12月商戦を創造していくのである。

 以前に実施した「クリスマス」の展開です。<a href="http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/kurisumasu-07.xls">ダウンロード kurisumasu-07.xls (334.5K)</a>
*この画像は、3日後に消去されます。

 上記画像のような展開から、更に今年は、私のわがまま展開にて、
 お店の盛り上がりを図りたいと考えております。
  

|

« マイ・ブーム⑭ | トップページ | 真岡地区MR »

商売」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/42885243

この記事へのトラックバック一覧です: 11月へ向けて:

« マイ・ブーム⑭ | トップページ | 真岡地区MR »