« 惣菜チーフの強い意志 | トップページ | マイ・ブームⅨ »

2008年9月26日 (金)

店長会Ⅲ

皆さん、こんにちは。
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、店長会があった。

 私のお店のクリニックだった。
 
 それ以前に、店長会の情報で、次回店長会は、私のお店のクリニックとの
 連絡書がまわってはきていた。

 その時は、私は、かなり、憤慨した。
 その日のチーフミーティングでも、憤慨を顕(あらわ)にした。

  「いいか、今度の店長会は、競合と戦っているお店の意地を見せてやれ。」
  「敵の売場より、圧倒的に勝っている売場を実現し、店長を圧倒してやれ。」
  「これが、競合対策の売場だ、というところを、逆に学ばせてやれ。」 等々。

 その日の店長会の日程は、朝から夜まで、一日を通して、私のお店での実施。
 明らかに、一日の商売で、アラを探されて、つまらんことまでも指摘される。

 私は、その日の一日の、タイムスケジュールを作成し、
 副店長と共に、どうのような時間帯別での売場つくりとオペレーションをするのか
 を打合せた。

  ヤラセの売場である。

  そして、チーフミーティングの折に触れて、店長会での時間帯変化を打合せた。

 私も、相当、意固地になっていた部分は、あった。

 前日も、グロサリーの売場の状態を、細部まで妥協せず、チェックしてまわった。

  「良し、これで、良し。」

 ここまでを迎えるにあたり、各チーフと打合せ、欠品の店移動等も実施。
 チーフの休日も移動してもらい、対応してもらった。

 当日、どうしても出社できないチーフは、前日は、閉店まで売場つくりと清掃。
 お店の皆が、店長会へ向けて、一致団結していった。

 そのとき、私の体に、大きな力というか、自信というものが湧き出てきた。

  「明日は、何があっても、怖くない。各チーフ、担当者がついてくれている。」

 そして、素直な気持になれた。
 
  「素直に、いろいろな意見に耳を傾けよう。貪欲に学ぼう。」との内なる声。

翌日の店長会。

 各店長からの、忌憚のない意見が続出した。
 なるほどと思える意見も出た。
 細部をチェックし、自分なりの売場つくりをしてきたが、
 各店長の意見を改めて聞くと、「なるほど、それは思いつかなかった。」
 そんな情報が、どんどん、耳に飛び込んできた。

  「やるだけのことをやると、素直に、人の意見がはいってくるものだ。」

 素直に、そう言える。

 そして、つまらん意見もあった。

  私は、言った。

  「いま、競合と必死で戦っている。トップからも檄がとんだ。今は、部下を
  迷わすことは出来ない。今まで無風状態のなかでの商売が身についている。
  それを打開するには、部下にいろいろ言って迷わさないことである。だから
  とにかく、売場に商品を出し続けること、それを徹底して実施している。」

   “文句あるか!” (心の叫び)。

  そして、部下一人一人が、私の肩を押してくれている。
  そんな、自信が湧き出ていた、と思う。

 また一つ、組織強化が出来た、そう思えた、店長会だった。 
  

 

|

« 惣菜チーフの強い意志 | トップページ | マイ・ブームⅨ »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/42563554

この記事へのトラックバック一覧です: 店長会Ⅲ:

« 惣菜チーフの強い意志 | トップページ | マイ・ブームⅨ »