« 私の競合対策Ⅴ | トップページ | ゴジラのタマゴ試食会 »

2008年8月19日 (火)

柔道の金メダリストに学ぶ

皆さん、こんにちは
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


北京オリンピックも、いよいよ後半戦。

 期待された、鈴木桂治、谷亮子とも金メダルは取れなかったが、総体として
 は満足のいく結果なのだと思う。

 私が、今回のオリンピックの柔道で学んだのは、

  石井慧選手と谷本歩実選手の勝利である。

 二人の戦い方は、まさに正反対であった。

  石井選手は、決勝戦では、ポイント狙いで、勝つ柔道に徹した。
  谷本選手は、一回戦から、一本勝ちでの勝利を貫いた。

 テレビ解説者や、コメンテーターは、谷本選手の勝利について、
  日本人本来の美しい柔道を貫くことが勝利への基本と褒め称えた。

 そして、石井選手の勝利に関しては、勝つ柔道を貫いた結果の
  世界一と褒め称える。

 日本人が、日本生まれのJYUDOで、世界一になれないと
 その理由を、一本勝ちの精神の欠如に求めていたが、
 石井選手の優勝は、その期待を一気に喪失させるだけの
 インパクトがあった。

優勝を期待された選手が、優勝できなかった理由。

 それは、勝利への方程式を守っていなかったから。
 
  「勝利への方程式」

 それは、自らの「強み」を貫いていない事に起因する。
 
  自らの強みとは?

 それは、以前のブログ「本来の姿Ⅱ」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_588b.htmlに記した。

 人間は、「自らの強み」に磨きをかけて成長してきた。

 それを評価されて、日本の代表としてオリンピックに出場した、と言う事。
 その「彼」が、本番のオリンピックでなす事は一つ。

  「自らの強み」を貫く事が、勝利への方程式なのである。

 石井慧選手が、試合終了後に、言い切った。

  「私の柔道は、勝つことにこだわる事。勝つためにポイントを重ねる。
  そして、それに徹する。それ以外、何も考えなかったことです。」

 いろいろ語っていたが、その言葉に、全てが凝縮されている。

 そして、谷本歩実選手も、試合後に、同様の内容で言い切った。

  「私の柔道は、一本を取りに行く事。」

 人それぞれの、「強み」。
 
  その強みを貫いたとき、人は、それぞれ最強になれる。
  そして、そのとき、自分の弱みもカバーされる。

  なぜなら、強みを発揮するとは、攻め続ける、と言う事。
  攻め続ける、とは、相手が常に守りに入る事。

 だから、先手を取る、ということが、いかに大切か。
 だから、素直にものを見る目、素直に人の話を聞く耳が大切か。
 
 そして、すぐに行動し、常に先手を打つことが、いかに大切か。

  先手を打った分だけ、成功する確率は、加速度的に高まるのである。

 

|

« 私の競合対策Ⅴ | トップページ | ゴジラのタマゴ試食会 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/42207845

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道の金メダリストに学ぶ:

« 私の競合対策Ⅴ | トップページ | ゴジラのタマゴ試食会 »