« 周りに振り回されない | トップページ | 競合店との食べ比べ »

2008年7月13日 (日)

日曜の行楽

皆さん、こんにちは
 北関東の食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。

今日は、本当に久しぶりの、日曜休日。

 日曜の休日は、一年に一回あるかないか。
 働いている娘も、たまたま休日の為、家族4人で行楽。

 日光の「山のレストラン」で食事をすることに。
 ボーナス支給後の、つかの間の贅沢である。

 こんなところで、身分不相応の贅沢をするのだから、ただでは起きれない。
 
  今日の収穫は「チーズ」。

 メニューの中に、「シーザーサラダ」があったので、注文してみた。

 運ばれてきたサラダの内容は、
  レタス、カッテージチーズ、プロセスチーズのすりおろし、クルトン
  それを、シーザーサラダドレッシングで和えてあった。

 私が、チーズ全般を食せるようになったのは、ここ10年。
 それまでは、あの、臭さになれず、匂いも嗅げなかった。

 妻がチーズ好きで、いろいろメニューを出し続けて、ようやくである。

 最近は、手作りピザのモッツァレラチーズ、ワインの友のカマンベールチーズ
 は、味の違いがわかるようになってきた。

そして、今日の、シーザーサラダである。
 
 チーズの味の奥深さが、わかった。

 特に、プロセスチーズを、すりおろすことによる、チーズの鮮度感。
 これも、一つのドレッシングなのだと感じた。

 野菜を美味しく、というより、サラダをどのような風味で食するか?
 それを、教えてくれる食べ方を学んだような気がする。

 さっそく、明日よりチーズを美味しく、をテーマに動いてみたい。

 私が、メニューに対するこだわりの始まりは、いつもこうした実生活から。
 そして、自分の「舌」が、感動したものだけ。

 チーズに限らず、その単品を美味しく食するのに必要な関連品が重要。
 美味しいまぐろには、美味しい醤油とわさび。
 まぐろがいかに美味しかろうと、まぐろのみでは誰も食しない。

 和牛のサーロインが、いかに美味しかろうと、必ず味付けはする。

 美味しい素材を、更においしく際立たせる「脇役」。
 それらが重なり合って、食卓が盛り上がり、会話が盛り上がる。

 その盛り上がりを提案し、食卓を豊かに演出するお手伝いが、我々の仕事。

 その為には、自分の舌で、それをまず実体験することが一番の早道である。
 そして、自分で納得したものだけが、自信をもって、お客様に提案できる。

 さらに、さらに、自分の舌を鍛える為に、自分に投資したいと感じました。
 そして、それは、必ず、自分の舌に帰ってくると信じて。

 

|

« 周りに振り回されない | トップページ | 競合店との食べ比べ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kentnkさん、コメントありがとうございます。

kentnkさんの、本鮪を頂くときの、周辺の関連品こそ、素材を如何に美味しく食べつくすか、参考になります。

確かに、日曜の日光は、時間帯を一歩間違えると、大変なことになりました。
他人より一歩早く霧降高原に入れた事が何よりの幸いでした。

投稿: てっちゃん | 2008年7月14日 (月) 22時20分

こんばんわ
>日曜日の行楽
店舗にいる時にはなかなか土日に休めませんでしたね。
最近は土日以外に休めないので、そっちが辛くなりました。どこ行っても混雑していますからね。
>チーズ
私、苦手なんです。仕事で食べなければならない時はしかたなく食べるのですが。
もちろん味の違いはわかりません(笑)

私たちの仕事は普段の生活体験がそのまま自分の仕事の参考になります。
ということで、日曜日に家族と一緒に過ごしたり、ちょっと贅沢なものをいただくのも大切な仕事への投資ですよね。お金が大変ですが、これからも投資したいと思ってます。

投稿: kentnk | 2008年7月14日 (月) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の行楽:

« 周りに振り回されない | トップページ | 競合店との食べ比べ »