« 仕事の流儀からⅡ | トップページ | 丑の日を終えて »

2008年7月23日 (水)

期待感と信頼感

皆さん、こんにちは
  食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。

本日は、以前のブログ「退職Ⅲ」http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_373d.htmlでも記した、私の旧知の友の続編。

先日、携帯へ連絡してみた。

 出なかったので、そのままにしていたが、その後、彼から連絡があった。
 たまたま、転職先の幹部と打ち合わせをしていたらしい。
 そして、そこで、年収、仕事の内容、何を期待されているのか等の打合せ。

 当然ながら、声も、いきいきしていた。

 当然である。

  期待されているのだから。

 人間とは、特に、我々ビジネスマンにとって、

  尊敬する人から、期待されているときが、一番成長するとき。

  その期待感が、人間の気持ちを高揚させ、
  その高揚が、仕事力を増加させ、
  その仕事力が、その人を、更に成長させる。

 まだ、彼は、実際の仕事には就いていないが、
 彼の気持ちの高揚は、最高潮だろう。

 わたしもそうであるが、以前の企業規模とは比較にならないほどの差が、
 経営幹部と自分との距離を近づけた。

 それは、自分の発言、行動がダイレクトに、トップに届くという緊張感を生む。

 逆に言うと、大企業での、一店長の発言など、絶対に、トップには届かない。
 その気楽さ、無責任さも一つの魅力ではあるが・・・。

  100店舗の中の一店舗の存在。
  10店舗の中の一店舗の存在。

 企業規模の差が生む、一店長への期待感と信頼感。
 その、期待感と信頼感が生む、成長気運は、何よりの教育環境である。

 これは、企業が、「アクセル」を踏んでいるか、「ブレーキ」を踏んでいるか?。

  アクセルを踏んでいる企業は、企業規模に関わらず、成長気運に満ちている。
  そして、情報の公開に関しても、概ねオープンである。

  いったんブレーキを踏み始めると、全てが縮小均衡に陥る。
  そして、情報の公開に関しても、概ねクローズドである。

   ただし、ノーブレーキでは、経営は出来ない。

  大切なのは、企業として、

   ブレーキを踏むべきときに、正しくブレーキを踏む。
   そして、現場まで、その、意思疎通ができているか?

   アクセルを踏むべきときに、正しくアクセルを踏む。

   そして、どちらも、現場の意思とトップの意思の疎通。
  
    簡単で、大変むずかしい。
  
    企業規模が大きくなるにつれ、加速度的にむずかしくなる。

  だから、一店舗の店長の存在が、重要になってくる。

  私は、組織が一番、意思疎通と規模のメリットを享受できるのは、
  一店舗100人程度の組織であると、思っている。

  そういう位置づけでの、自分の立場と、存在。

 店長仲間でよく聞く不満は、「誰も、自分を理解してくれない!」。

  しかし、それは、永遠に解決されない問題。
  店長とは、店舗の経営者なのだから。
  経営者とは、その立場にいる人間でなければ、最後まで理解されないもの。

  だから、その環境でも、自分の問題を明確にとらえて、解決していくという、
  「勇気」と「優しさ」が問われるもの。

 今後とも、転職した「彼」とは、情報交換していきたい。


|

« 仕事の流儀からⅡ | トップページ | 丑の日を終えて »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/41931532

この記事へのトラックバック一覧です: 期待感と信頼感:

« 仕事の流儀からⅡ | トップページ | 丑の日を終えて »